書籍・雑誌

2014年10月 3日 (金)

練習三昧の結果は

20141003

 
 



みをつくし料理帖 最終巻
天の梯

高田郁

 

お気に入りのシリーズ。

  

とうとう完結しました。

少ないページで見事に。

 

いやぁ、うまくまとめるもんですね。

主要な登場人物には、みんなオチをつけてくれました。

四千両の工面もしっかりと。

 
 

これで終わりかと思うと、涙が・・・ 

出ませんでした。

 

ファンなら満足できる終わり方だったと思います。

良かった良かった。

 
 

今見ると、前回の記事が2か月前でした。

今日までに10作品前後読んだと思いますが、ほかに面白かったのは、高野秀行氏のワセダ三畳青春記です。

あまりに強烈な個性を目の当たりにして、後半は少し食傷気味だったかもしれません。

でも、他の作品も読んでしまいました。

変わった娯楽書をお探しの方、一度読んでみてください。

 
 
 

さて本題です。

 

2か月を練習に費やして、ラウンドはわずか2回。

それがどんな結果をもたらしたでしょうか。

 

 

結果は、大たたき2回。

以上です。


 

2chなら、
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ってコメントもらえそうですね。

 

さすがに練習場では、いい弾道が出るようになってます。

苦手なドライバーでさえ、かなりいいんじゃない?
と思えるほどです。
ウェッジからウッドまで同じタイミングで打てるようになって、ずいぶん喜んだんですが・・・ 

 
 

でも、練習なんですよね。

ラウンドでは、練習の延長で緊張感ないまま、なんとなく打ってしまいました。

常に平常心てのはいいんですけど、連続OBが気にならないとか、ちょっと違ったかたちでメンタルが強化されてしまいました。

 

月例会に出ていた3年間、プライベートよりも平均2打以上良かったのは、緊張感のおかげだったなあ・・・と思い出しました。


反省。

 

来年は、やっぱりどこかの年次会員になろうと思います。

 

しばらく休んでいたリシャフトも、そろそろ復活いたします。

モチベーションアップは大切ですもんね。

 

では、またお会いしましょう。

こんな不定期ブログを読んでくれる方、ありがとねー。

 
 
 


|

2014年8月 2日 (土)

ワセダ三畳青春記

20140802  

 

20140802_2


 
 

この2冊、最近読んだ中では、ピカイチの面白さ。

一度手に取って、冒頭だけでも読んでみることをおススメします。

 

ワセダは著者の体験記。

ジェノサイドはSFエンターテインメント・・・といってもいいかな。 

 

 
 

3か月も、更新が空いてしまいました。

何年も続いたわりに、あっけなく鎮火するもんですね。
情熱って。

 

でも、ゴルフの練習が、また面白くなったので・・・

やっぱり、不定期で備忘録をつけることにしました。
catface

 

春先は・・・いつまでたってもドライバーが打てないので、少々嫌気がさしてしまい、いっそゴルフをやめようかと。

10年でこれじゃねぇ。 

 

そこで、

 

やめるなら、最後に一からやり直してから、納得してやめよう。

そう思いまして、ラウンドもほとんどせずに、毎週末はしっかり練習。
平日は自宅でクラブを振る日々。

今までやってなかったことは全部試してみました。

 

先週からは心機一転の仕上げに、練習場を変えました。

これが良かったのか・・・

なんだか、気持ちよく打てるんですね。

100打席弱の、少し小さい練習場。

奥まで150ヤード少々。

最初は狭いかと思いました。

でも、打ってみると問題なし。

 

奥の幅がちょうどフェアウェイと同じくらい。

ターゲットとして絶妙です。

私の飛距離だと、ワンピースボールは、ドライバーキャリーで200ヤードまで飛びません。 
会心の当たりでも、弾道確認ができます。

 


 

そして、今日、久しぶりの開眼。

 

以前から、気持ちよく当たったときに、ボールが右へ行くことがありました。

体が開いてるからだろうな、と思ってたんですが・・・

 

一からやり直しってことで、アドレスもグリップも、見直しましたところ・・・

 

どうも右を向いていたらしいです。

フェースだけ。

 

左に曲がるときは、かぶせ過ぎでした。


 
 

ヘッドを素直に置いて、フェースの向きをターゲットにしっかり合わせる。

 

ひざをしっかり曲げて、ターゲットを確認。
大きくワッグル2回、しっかりとアーリーコック。
プレーンを意識して、テークバック。
プレーンをなぞりつつ、上からダウン。

フォローは大きく、ターゲットへ。

 

こんな感じで、打つようにしました。

練習場とはいえ、かなり改善した感じ。

ミスしても曲がりが少ない!

 

やっぱり、グリップとアドレスが何よりも大切なんですね。

 
 

こんなに時間をかけて、初心者と同じ基本に戻りました。

 

バカですね。 

でも、うれしい。
fuji



 
 

 
 
 

 
 



 
 
 
 
 
 

|

2014年3月30日 (日)

下町ロケット


人気ブログランキングへ  

 
 

20140330

下町ロケット

池井戸潤 著

 
 
 

今、amazonで売れ筋の小說には、この作者名が多く見られます。

 

ドラマの大当たりから読んでいる人が多いのでしょう。

 
 

自分もその一人です。

 

 
 

今回も期待したのですが・・・

空飛ぶタイヤから、あまり間を空けずに読んだのが少々裏目に出ました。

 
 

結果から言うと、面白いです。

 

これを最初に読んでいれば、文句なしに。

 
 

でも・・・

 

中小企業が訴えられて、資金繰りに窮するという出だしの設定が同じでした。

 

なんだか同じ本を読んでいるような錯覚に陥ります。

 

後半は違った展開になるので、問題ないと言えば言えなくもありませんが・・・

 
 

面白かっただけに、少し残念でした。

 

しばらくの間、池井戸潤は読まないように気をつけます。

きっと、前作を忘れた頃に読めば、問題ないでしょう。

 
 
 
 

日一日と春の近づく札幌。
暖かくなってきたのに、先週末は体調不良で横になってました。

ちょっと喉が痛いなと思って2日ほど。
大人しくしていたので治ったかな?と思うと熱が出ました。

過去の風邪とは違った経緯だったので、インフルエンザかもしれず・・・
もしそうなら、職場に持ち込む可能性があるので、検査をしてきました。

結果は陰性。

もらった薬が効いて、ほどなく快癒傾向へ。
結局、数日の休みを頂きました。

 
 

盲腸を切ってから23年。

体調不良でも自力で治し、病院へ行かず、薬も飲まない生活でしたが・・・

とうとう薬のお世話になってしまった。


 

年齢と運動不足から、体力が落ちたのかもしれません。

 

ちょっと対策しないと。

 
 

そんな訳で、先週から今週末にかけて、読書三昧でした。

 

ここしばらく練習で試していたことも、外の練習場で確認できてません。

今度の週末は、やっと球筋の確認ができそうです。

試してみたいグリップも届くはず。

 
 

ゆっくり体調を整えて、楽しみにするとします。

 

 

 

 

|

2014年3月16日 (日)

美雪晴れ みをつくし料理帖


人気ブログランキングへ  

 

 
 
 
 

20140316

 


美雪晴れ みをつくし料理帖

高田郁 著

 
 

シリーズ第9弾。

いよいよ押し迫って参りました。

 
 

前巻あたりから、そろそろ終りに近づいている感がありました。

 

主人公の行く末が、どのようなものになるのか気になります。

親友を身請けするための資金。

自分の進むべき、進みたい料理の道。

つる屋の将来。

 

物語の最初から続いていた問題の一つ、恩人「よし」の息子が見つかり、今後のことに明るい見通しがつきました。

 

ということは・・・

 

読み終わってみると、巻末には次巻完結の広告。

 

やっぱり。

 
 

とうとう、この日が来ましたか。

区切りの10巻が、最終巻。

 

面白かったですねぇ。

既に終わったような気分。

 
 

番外編の内容が、最後の内容を予感させるものでした。

 

あと1冊しかないと思えば、その中でどう決着するかだけ。

きっと気持ち良く終わると思いますが・・・

 
 

少々残念。

面白い小說は、できるだけ長く続いてほしいものです。

 
 

しかし、終わらない方が良い、とも言えませんね・・・

 

いつまでたっても終わらず、次巻がなかなか出ない。
それで読まなくなってしまったシリーズもあります。

 
 

このくらいが良いのかも。

 

たしか、木枯し紋次郎シリーズも同じくらいの冊数でした。

 
 

年末までに、発刊になるでしょうか。

楽しみに待つとしましょう。

 
 
 

 

このブログを書く前に、UFCウェルター級タイトルマッチを見ていました。

ジョニー・ヘンドリクス VS ロビー・ローラー

 
 

絶対王者と言われたジョルジュ・サンピエールに、あと一歩まで迫ったジョニヘン。

今回の王者決定戦は、圧倒的に有利と思われました。

 

しかし、所属ジムの体重計が狂っていて、前日計量で1ポンド以上オーバー。

当日計量はパスしましたが、大きなハンディだと思われました。

 

1、2ラウンドはジョニヘンのペースで進みました。

ですが、いつものようなラッシュが無く、大人しめのスタート。

 

3ラウンド、ロビー・ローラーのストレート、フックが決まり、一気に流れが変わります。

もう少し攻撃が続いていれば、ダウンもあったでしょう。

4ラウンドも流れは変わらず、ローラーの優勢。
的確にジャブがあたります。

最終5ラウンド、最初にいい当たりが出て優位に立っていたのはローラー。

 

そのまま押し切るかに思われました。

でも、スタミナ切れで動きが鈍い。

一方のジョニヘンは、打たれ疲れで動きが遅い。

まぶたをカット、流れる血が視界を遮る。

 

残り2分を切ったところで、ジョニヘンが勝負に出ます。

ラッシュからテイクダウン。

攻め切れないものの、立たせずに時間切れ。

 

結局、このラウンドを制したジョニヘンが、新王者に。

テイクダウン1つの差でした。

 

立ったまま終わったら、ロビー・ローラーが勝っていたかもしれません。

 

最近のタイトルマッチでは、最高の試合。

 

5ラウンドの激戦は見応えあり。

 

新チャンピオンは、次回の初防衛こそ、万全の体調で望んでくれるでしょう。

そこで真価が問われますね。

 

今から楽しみです。

 

 
 

札幌は、ようやく暖かさが戻ってきました。

 

連日、昼間はプラスの気温。

本格的な雪解けの季節到来。

今週は春分ですね。

 

久しぶりに、外でボールを打ってこようかな・・・

 


 


人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 


 
 
 
 

|

2014年3月 9日 (日)

ふるさと銀河線


人気ブログランキングへ  

 

 
 
 

20140309  

 

 

ふるさと銀河線

 

高田郁 著

 
 
 

澪つくしシリーズでお馴染みの著者。

 

この作品は、現代のお話。

  

子供から年寄りまで、幅広い登場人物が主役となる短篇集。

 

題材も、若い希望に満ちたもの、人生の終焉を扱ったものと様々。

  

やさしい語り口、感情の機微をわかりやすく文字にする腕前も、相変わらず。

 
 

面白かったです。

 
 

ただ・・・

ちょっと切ないものが印象に残りました。

アルコール依存や、アルツハイマーが取り上げられています。

 

現実を、ありのままに表現している感じ。

 

だから、逃げ場なし。

 

とても良い本だと思いますが、もう一度読むかと言われたら、遠慮するでしょう。

 

でも、一度読むことをお奨めします。

面白いですから。

 
 
  

さて、世界ゴルフ選手権が開催中です。 

アメリカはフロリダ。

世界ランキング上位の選手が、予選カット無しで戦う舞台。

 

松山選手が健闘中。

 
 

明日の最終日、どこまで伸びるか楽しみです。

 

そして、昨日まで調子の出なかった、タイガー。

 

今日は大爆発。

 

6打も伸ばして、20位台から一気に4位。

 

体の痛みが出て治療をしていたらしいので、心配でしたけど。

 

杞憂でした。

 

今シーズンは、ここまで今ひとつ感がありました。

 

でも、ここから調子が上向いてくれるといいですね。

 

やっぱり、タイガーが上位にいると、それだけでワクワクします。

最終日に何かが起きそうな予感がして、観戦にも力が入ります。

 
 

あとは・・・

石川選手がどうなるか、ですか。

 

シーズンインした頃は良かったんですが。

ここ最近は予選落ちが続いてます。

 

PGAツアーなので、仕方ないと言えばそれまで。

 

でも、やはりもう少し上位安定して欲しい、と思うファンは多いでしょう。

 

本格シーズンはこれからなので、期待しながら応援するとします。

 
 
 

札幌はまだまだ冬ですが、春の気配も感じられる天気になりました。

 

まず、晴れが増えました。

 

真冬なら7日に1度程度の晴れが、4日程度。 

 

屋根の雪が溶け始めて、積雪が減りました。

 

これからは、だんだん融雪のスピードが増して、4月上旬頃に雪が無くなります。

 

早い年なら4月に入った頃に、積雪ゼロ。 

晴れの日が多い今年は、そうなるかもしれません。

 
 

そう考えると、北海道のゴルフシーズンまで、あと1ヶ月。

 

いつの間にか、そんな季節になっているんですね。

 

自分の初ラウンドは、いつも通りに会社のコンペ。

たぶん4月20日ころ。

 

まだまだ寒いです。

 

本格的にラウンドするのは、5月中旬あたりから。

 

10年目の節目なので、新しいコースで年次会員になってみようかとも・・・

 
 

近くて、会員費が安くて、というところがあるので、試しに入ってみるかもしれません。

 
 

知り合いの入っているコースは、北方面なので、かなり遠くて移動が厳しい。

やっぱり、自宅から近い方が楽でいいので、南の方で考えます。


 

道具選びも大切ですが、コースも大切。

あと1ヶ月と少々の間、こちらもゆっくり考えるとします。

 

  

 


 

人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 


 
 
 
 

|

2014年3月 2日 (日)

ロスト・シンボル


人気ブログランキングへ  

 

 
 
 

201402302_2

ロスト・シンボル 上中下巻

ダン・ブラウン著

 
 
 

久しぶりに、ダン・ブラウンを読みました。

 

相変わらず、読者の心をつかむのが上手な書き出し。

 

プロローグだけで、物語へ引きこまれます。

 

謎が謎を呼ぶ、ミステリ手法も健在。

 
 

最後までワクワクしながら読了。

 

結末は、もう少し何か欲しいような物足りなさがありました。

 
 

先日、NHKで放送された内容と重なる部分があり、そこも興味深い。

 
 

頭で考えること、人間の意思に物理的な力が存在するという話。

 
 

研究は、まだ外縁に取り付いたレベルだと思います。

 

でも、これから先、全く新たな概念が生まれると、従来の科学はコペルニクス以前のものになりそうな気配。

 

劇的発想転換をされる時代が、すぐそこまで来ているのかも。

 
 

 
 

さて、札幌でも、春の足音が聞こえてまいりました。

 

ここ数日は、晴れ間が続く良い天気。

 

雪の嵩が、目に見えて減りました。

 

日差しも暖か。

 

このまま降雪の無い日が続いて欲しいなー。

 

平年並みなら、これから1ヶ月で1メートルくらいは降るでしょう。

積もらず融けてくれますように。

 
 
 

天気が良いと、そろそろ今シーズンの準備・・・という気持ちになります。

 
 

手始めに・・・

 
 

やっぱり、グリップは新しくしておかないと。

 

今のMCCホワイトアウトは、何の不満もありません。

とても良いグリップなので、これを使うつもりでした。

 

とはいえ、メーカーサイトや有名ブログくらいはチェックします。

そこで見つけた、このグリップ。

 
 

CP2 !

20140302

 
 
 
 

なんだか良さそう!

 

テニスで馴染んだグリップに近い形状。

こういうラッピングタイプは、耐久性に難があって使いませんでした。

 

でも、今回はGolfPride。

 

使いたくなりますね。

 

1本だけ買って、よかったら全部変えようと思います。

 

すぐに楽天で購入・・・・できなかった。

 

全部売り切れ。 

 

残念。

 
 
 

やっぱり、見る人は見てますね。

 

後日の楽しみにしようっと。

 
 

あとはボール。

 
 

昨年はツアーステージS100でした。

打感が柔らかくて、スピンほどほど。

 

自分にピッタリ。

 

こちらをどうするかは、また改めて考えたい。

 
 

近頃、ゆっくりと選ぶ楽しみを覚えました。

 

急ぎすぎは禁物。

 
 

皆さんは、もう今シーズンのボールは決まったんでしょうか。

 

新製品が次々と出る季節ですから、楽しみですよね。

 

沢山あって、決められない。
嬉しい悩みです。

 

 

 
 


 

人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 


 
 
 
 

|

2014年1月26日 (日)

華胥の幽夢


人気ブログランキングへ  

 


 

20140126



華胥の幽夢(かしょのゆめ) 十二国記

小野不由美 著

 
 

新潮社に版権が移り、再版となっての最新作。

刊行済みの作品では、最後の作。

 
 

王の理想と現実を、いろいろな形で描いてあります。

 
 

厳しい現実の前に、理想が霞む。

少し切ない内容が印象に残りました。

 
  

あとがきを読むと、人気作ゆえ、作中の考え方には賛否両論あるようです。

反対意見、自分と違う考え方は、理屈抜きに受け入れない・・・そうした人には、不向きな小説なのかもしれません。

 

 

本シリーズを全て読み終えてしまい、しばらくは次の作品を楽しみにするのみ。

 

何年後ですかねぇ・・・

 

民、麒麟、王、それぞれの立場から見た世界が記されました。

丕緒の鳥で、家臣の立場も出てきました。

次は何が題材になるのでしょう。

 

面白い作品になるのは間違いないですから、ゆっくり待ちましょうか。

 
 
 

 

今朝、PGAツアーを観戦しておりました。

順位が映し出されて、びっくり。 

 

石川選手がトップ10。

いいところにつけてます。

復帰戦の松山選手が、20位台。

 

自分の予想を大きく上回っていたので・・・思わず数値を再確認しました。

 
 

調子良さそう。

 

松山選手は、復帰戦ですから十二分ではないでしょうか。

 

痛みが出ないといいですが。

 

昨年の活躍を考えると、今年も良い結果が出そうですね。

マスターズまで、3ヶ月あります。

その間に、徐々に調子を上げていって、あわよくば5位以内に入ってくれないかな・・・

 

石川選手は想定よりもだいぶ上でした。

 

本格参戦2年目。

道具と環境に馴染んだのかも。

松山選手のPGA参戦が、良い刺激なのかも。

 

明日、最終日に順位を上げられるようなら、本調子と見てよさそうですね。

 

 
 

話は変わりますが・・・

ここしばらく、まーくんのメジャー入りが大きな話題でした。

オリンピックよりも注目度が高かったように思えます。

 

そして、自分としては予想通りのヤンキース入り。

最高峰の名門で大活躍してくれる姿、早く見たいものです。

 

今から、とても楽しみ。

  

1年目から15勝くらいしてくれそう。

 
 

 

今日は、そんなまーくんの活躍シーンを夢想しながら、全豪オープンテニスの男子シングルス決勝を観戦予定。

 

本命ナダル VS 大穴バブリンカ

 

試合内容を見ると、ナダルが圧倒的に有利かと思われます。

しかし、ジョコビッチをフルセットで破ったバブリンカにも勝機がありそう。

 

わくわくしますねー。

 

  
 


 

人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 


 
 
 
 

|

2014年1月12日 (日)

小暮写眞館


人気ブログランキングへ  

 


   

20140112

 

 

小暮写眞館 (上下)

宮部みゆき 著

 
 

新年一作目は、これを読みました。

 
 
 

写真に写った不可思議な現象と、日常の様子が程良くマッチング。

 

宮部氏の手腕が光る一作。

 
 

あとがきで、宮部氏の談話に載っていたことですが・・・

 

模倣犯のあと、現代小説が書けなくなったとか。

 

あまりに暗くて重たい題材を扱ったので、その後遺症らしいです。

 

その前後から作風が一変したように思っていたのは、このブログでも触れました。

 

やはりそうでしたか。

 
 
 

小説は、作家の内面を文字にして綴る作品だと思います。

 

そうしたものが、読めばわかることもある。

 

ということが、改めてわかりました。

 
 

宮部氏によると、今は回復期にあるので筆も進められるようです。


本作が、昔のような明るい作品を期待させる内容だったのは、嬉しい限りです。


 

これからも、多くの秀作を送り出してくれることでしょう。

 
 
 
 

 

ところで・・・

 
 

ゴルフを始めて10年目の年に入りました。

 

毎年、この時期には新しいクラブやボールを買っていたのですが、今年は買ってません。

 

ニュークラブ無しの新年。


 
 

道具を変えると楽しいですよね。

 

買うまでの間、あれこれと悩みながら選ぶ時間。

スペックを比較したり、サイトで見た目のチェックをしたり。

 

シャフトやグリップとの組み合わせを考えたり。

 

自分なりの再構成です。

 
 

新しいものを生み出し、効果を想像する期待。

 

それが大きければ大きいほど、楽しみもふくらみます。

 

到着したときのワクワク感。

箱を開けるのがもどかしく、包装を解いて、シュリンクを剥がして。

 
 

いざ、使ってみたら・・・

 
 
 
 

現実にもどる、と。

 

わかっちゃいるけど、やめられない。

 
 
 

道具が良くても、やっぱり腕前が伴わないと、ね。

 
 
 

使い心地だけで選べるとしたら、ウェア、シューズ、グローブあたりでしょうか。

 

身につけて確認すれば、良し悪しがわかる。

 

上手下手は、あまり関係ない。

 
 

ボールになると、ヘッドスピードとスピンの関係があるので、使ってみたら吹き上がるとか。

あるいはドロップするとか。

適正なスピン量になっていることを、コースで確認するしかありませんね。

 

アプローチでの止まり方。

パッティングの転がり。

そのへんも、使ってみないとわかりません。

個人的には、打感が重要。

 

硬いと重く感じるので不可。

柔らかすぎると打感が軽くて、打った感覚に乏しくなるので、これも不可。

 

柔らかめだけど、適度な手応えが欲しい。

今なら、ツアーステージのS100。

 
 

こうして書いてると、なんだか楽天を検索したくなってきました。

 

昨シーズンが終わって、いつのまにか3ヶ月。

次のシーズンまで3ヶ月です。

 

そろそろ準備をしようかな。

 

 
 


 

人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 


 
 
 
 

|

2013年10月 6日 (日)

丕緒の鳥


人気ブログランキングへ  

 

 

20131006


丕緒の鳥

小野不由美 著

 

十二国記、最新刊。

12年振りの新作だそうな。
本作品群を最近知ったのは運が良かった。

そんなに待たされたら、きっと読むのを止めてしまうでしょう。
夢枕獏のキマイラシリーズがそうでした。

 

版権が移った新潮社版を読んでます。
まだ発刊されていない作品もあるなかで、最新刊が出ているみたいです。

12年という時間のせいなんでしょうか、作風に少し変化があるようです。
面白いのは間違いありません。

根底にあるテーマは、人間としてのあり方。
そこは変わらずに、扱う題材が少し重ため。

ファンタジーらしい冒険活劇は少し離れて・・・
仕事とはどうあるべきなのか。
罪と罰とは。
というような感じ。

とても良い作品なんですが、もともとのファンは少し期待はずれかもしれません。

でも、完成度の高い文章と内容は健在。

新作長編の話もあるらしいですから、これからも注目したいところです。

 

 

さて・・・
例年なら、そろそろ初霜になる札幌周辺。

 

今年はなんだか暖かい。

いっそこのまま平野部だけでも降雪無し、っていうのが希望です。
秋が長くて、冬が短いなら、それに越したことなし。
雪かきも減るし・・・。

まだ、暖房を入れようと思った日が無いです。
最高気温も20度少々。
ここ10年ほど、記憶にないくらいの穏やかな秋。
灯油が高騰する昨今、ありがたいことですな。

 

こうした日が続くと、ゴルフのラウンドや練習も気持ちいい。
天気が良いと、練習での球数が増えます。

この1ヶ月ほど、積年の悩みを克服すべく、いろいろと試してます。

短い番手なら打てるけど、長いものになればなるほど打てなくなる。

原因はあおり打ち。

少しずつ良くなっている感じはあるものの・・・
ドライバーだと、まともに当たる方が少ない。

しくしく・・・・ 

 

動画で確認してみますれば・・・・

正面から見る限り問題なし。
飛球線後方から見ると、テークバックが、インサイドへ引きすぎ。
フェースは超シャット。

フックグリップが強すぎるというのもありそうです。

グリップは感覚優先にしたいので、軌道修正で対応かなー。

剣道の面打ちみたいなコックを入れると、アウトサイドに上がるんですけどね。

違和感たっぷり。

でも、動画チェックではバッチリ。
気持ちアウトサイドに上がってオンプレーン。 
コックがほどけずにハンドファストでインパクト。

インパクトも弾道もいい感じ。 

これに慣れるしかないのかな・・・
結果がいいと、イメージがついてくるような気もします。
しばらく続けてみないとわかりませんね。

 

 

今週末は、シーズン最後のコンペ。

練習と同じく、ドライバーを持って、アウトサイドに引いてみるとしますか。
前回は幹事なのに優勝してしまったので、今回はオマケのつもりで。



 
 
 
 
 

人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 


 
 
 
 

|

2013年8月31日 (土)

十二国記


人気ブログランキングへ

 

 
 

20130831

魔性の子

小野不由美 著

 

新潮社版として新装された十二国記シリーズ、1作目。

名前だけは知ってました。

でも、今まで読む機会の無いまま今日に至りました。

オカルト小説なのかと思わせるような出だし。

謎が謎のままにページだけが進む。

 

最後まで読んでみて、これが壮大な物語の序章だったのか、と気付かされる。

続きを読まずにいられない。

 
 

うーん。

はまってしまった。

 
 

というわけで・・・

 
 
 

20130831_2

月の影 影の海 (上下巻)

 

ここからが本当の始まり。

 

解説で評論家が絶賛しているのは、間違いではなかった。

ハリー・ポッターに匹敵するような高い質感。
大人が読んで楽しめるファンタジー小説というのは、なかなかありません。

でも、この作品は間違いなく年齢を問わずに楽しめるでしょう。

 

ページを繰るのが楽しい本です。

全く先の読めない、奇想天外な設定とストーリー。

それだけでも十分なほどですが・・・

 

主人公にふりかかる災厄の数々が、人間としての本質を問われている。

そこが大きなポイントです。

 

だから、大人も夢中になって読める。


  

早速、続編を買いに行かねば。

 
 
 
 
 

今日は、読書の前に練習を終えました。

9時頃から、400球ほど。

相変わらずドライバーは当たりません。

ほんとに、悲しくなるほど・・・

 
 

主たる原因は、シャフトのタイミング。

自分はスチールシャフトがいいのかもしれません。

でも、ドライバーでスチールは無理があるので・・・
スチールに近いタイミングで打てるシャフトを探すとします。
これで新たな楽しみができました。

 

  

ほかの番手は、それなりに良い当たりが出てます。

先日購入したSYBのFC-614、音が金属的で大きい点が気になってました。

でも、不思議なもので、良い当たりが続くと気にならなくなります。

むしろ、飛んでくれているような錯覚さえしてしまいそう。

 

G10UTのNS850だと、左右に曲げるのが楽です。
曲がり巾も、ある程度は調節できます。

数値の上では僅かな差ですが、NS950FWだとあまり曲がりません。
特にフェードが難しい。

曲がりが小さいので、その点、安心感あり。

引っ掛けて左に大きく曲がる、ということが無いのはいい。
打てば打つほど、良い所が見えてくる。

 

音さえ気にならなければ、5Wも試したい。

もうしばらく、打ち込んでみます。

 

ヘッド形状が良くて、わりとやさしいものが好みなので・・・
YAMAHA、MIZUNO、SYBあたりのFWで良さそうなものを、いろいろと試打したいところ。

でも、前のモデルだと試打が難しいし、FWは試打クラブ自体が少なめ。

ある程度狙いを絞ってから、ヤフオクかな・・・

 

明日のラウンドが終わったら、ゆっくり検索するとしますか。

 



 
 

人気ブログランキングconfident

1007

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 

|

より以前の記事一覧