« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

CRESS


人気ブログランキングへ  

 


土曜の札幌は快晴!
日差しが暖かく、気持ち良い天気でした。

練習日和。


移動もスムースに、朝一でと打ち込み。
9時前に着いた時には、2F席に自分一人だけ。
こんな日は、多くの人がラウンドなんでしょうね。

暑くなく、寒くなく、ちょうどよい気温が、後押しになります。
気がついたら500球少々・・・打ってました。

相変わらず、ドライバーは安定しませんが、アイアンは気持ちよく当たります。

7Iまでは、ほとんど許容範囲に収まりますが・・・
でも、5Iは、まだまだですなー。
これが自由に打てるようなレベルになれば、きっとシングルですね。

いつかそうなりたいものです。

この日は、呼吸方法を考えて打ちました。
テークバックで吸って、ダウンで吐く。
もしくは、アドレスで吸ってから、テークバックから徐々に吐いていく。
吸うときは筋肉が緩むので、無呼吸で打つよりもリラックスできます。
ルーティン練習の中で、身につけたい癖の一つ。
肝心なところで力みが出るのを減らせるかも。

 

500を超えた時点で、あと500球打ちたいくらいのコンディションでしたけど・・・
肘や膝のことを考えて、ほどほどに。
無事に帰宅してシャワーを使って、ストレッチをしたあとは至福の時間。

はぁー、ほっこり。

週末の、この瞬間があるから生きているようなもんです。
身体を動かしたあとの気持ち良さを知ってしまうと、やめられません。
麻薬みたいなもんですかね。

体力が続くなら一日中でも打ちたいですけど・・・・
でも、実際には2時間も練習すれば十分。

30代の半ばまでは、日に5時間くらいテニスをしていた頃が夢のようです。

今は少ない時間で満足。
そのぶん、ストレッチの時間が長くなりました。
毎日30分くらい。
これをしないと、肩こり腰痛が出てしまうので、体のメンテナンス時間は随分と増えました。
練習をしない日も、ストレッチは欠かせません。
おかげで、凝りや痛みが9割方減少。

20-30代のときは惰性でやってましたが、今は効果が出やすい年齢になったんでしょう。
肩とか、首とか、部分的にうっかり忘れてしまった翌日は、軽い痛みが出ます。

40代の今、病院や薬に無縁なのは、ストレッチのおかげかなー。

凝りで悩んでいる方は、しばらく試してみるといいですよ。


 

自分だけ気持ち良く過ごして終り、というわけにはいきません。
かみさんを連れて、ちょっと食事へ出てきました。

長沼のCRESSというレストランへ。
最初はハーベストというレストランを目指しました。
でも、1時間待ち。
野中の一軒家に人の波が・・・

練習後の空腹を抱えて、それは無理。
で、近くのCRESSへ。
・・・・・・30分待ち。

どちらも、待ち時間をつぶす人が散歩してました。

 

周りは、見渡す限り野山と畑。

こんなところで、こんなことになるなんて。

仕方ないので、ソフトクリームでつなぎながら待ちました。

CRESSはバイキング形式。
地元野菜中心のメニュー。
健康的なイメージの料理が多いです。

美味しかったのは、パンとスィーツ。
メインのパスタは普通でした。
野菜料理も、普通かな・・・。
ここまで混雑する理由が、わかりません。

雰囲気・・・かな?
でも、混雑してて落ち着かない。
バイキングだから、人の出入りもひっきりなし。
待たずに済むなら、ハーベストの方がよさそうな感じでした。

ゴルフの往復で、何十回も通っていた道のすぐ近くに、こうした店があったとは。
機会があれば、ハーベストの方も行きたいです。

もし行くなら、平日か、早めの時間にしましょう。
空腹で1時間待てる人なら、気にしないでいいかもしれませんが・・・・


 
 
 
 

人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 


 
 
 
 

|

2013年9月23日 (月)

ANAオープン 観戦


人気ブログランキングへ  

 



連休中、快晴が続いてました。
せっかくの休みなので、ANAオープンの観戦に行ってまいりました。

6月に行ったときは寒さに負けて早々に帰宅しましたが、今回は快晴。

前回も感じましたが、プロのショットは凄い。
凄すぎて、参考にはなりません。

でも、ショートゲームはなかなか面白いものがありました。

印象に残っているのが、宮里優作選手。
ショットは松山選手と遜色ないか、もっと凄いかもしれません。

でも・・・
グリーン周りが少々下手かなー。

何ホールか、ついて見ました。 
ショットは本当にすごいです。
惚れ惚れするような弾道でした。

フェアウェイバンカーからのアイアンが、ロケットみたいに舞い上がります。

そしてピンに絡む、と。

見ていて気持ちいい。

次のホール。

完璧なティーショットのあとで、アイアンのセカンド。
グリーンを右に逸れたボールは、ピンまで10ヤード弱の平坦なラフ。
ボールの頭が少し見えてました。

カラーまで3ヤード。

自分でも1ピン以内につけたいと思うところ。
フェースを開いて構えたのがわかります。
割りと大きなバックスィングから打ったロブショットは見事に高く上がって・・・・

 
 

ピンをキャリーでオーバー。
7メートルのパットが残りました。

もったいないなー。
溢れる才能を持ちながら、どうして優勝できないのか、わかるような気がしました。

誰か教えてあげようよ。

 

自分を棚に上げて、勝手なことを思っておりました。

 
 

ところで・・・・
ここしばらく、古いフェアウェイウッドやドライバーを、ヤフオクで探しておりました。

どうして新しいものではないのか。
アイアンはともかく、ウッドは日進月歩なのでは。

そこはそれ、慣れてしまえば何でも一緒。

なんじゃないかな? 

という気がするこの頃。

 

シャフトやクラブの重量フローが上手くできていれば、まずOK。
あとは、振動数フローがそれなりであれば。

 

そう思いました。

 

2000年、メジャー3勝を含む12勝を挙げた、タイガーのドライバーは260cc、43インチ台だったとか。
シャフトはDGのX100。
ヘッドは、タイトリストで一番売れた?975D。

 

総重量は370~380グラム?
ヘッド重量は206g程度らしいので、シャフト、グリップを足すと、そのくらいあったと思われます。

それでフェアウェイキープ率は70%を超え、飛距離も300ヤード。

今のタイガーより格段に上手だったわけではないでしょう。
むしろ、今のほうが技術は上がっていると思われます。
しかし、クラブがやさしく進化した今、タイガーのフェアウェイキープは50%前後。

 

そうした数字が出るのは、スィングとクラブの相性だったのかな、と思います。

45インチ460ccのドライバーより、43インチ200ccの3Wが真っ直ぐ飛ぶ。
よく当たる。
平均飛距離はほとんど同じ。

なんてことは、多くの人が経験してそうです。

 
 

構えた時の安心感は、やっぱり大切。
これがないと、なんだかミスしそうな気がしますから。

あとはシャフトのしなり具合が、自分のタイミングと合うかどうか。
固い分には問題ありませんが、飛ばないですね。
軟らか過ぎると、曲がります。
9年もやってきて、ドライバーだけで7、8本、シャフト交換も入れると10本以上試してみて、ようやく納得。

遅すぎる感たっぷり。

まあ、自分なりに体感して理解するには、必要な投資でした。 

 

そんなことを考えながら、この連休はラウンドして来ました。

スコアは変わり映えしない80台後半。
でも、久しぶりにドライバーを持ちました。
ディアマナアリスレイ73XでリシャフトしたG10。
振動数は283cpm。

普通ならヘッドスピード50m/sくらい必要かもしれません。

このシャフトで45インチだったんですから、無謀もいいとこです。
5年前だと、平均スコアも90と少々。
これを薦めたショップの信頼性が疑われますね。
皆さんも、甘い言葉には気をつけましょう。 

信頼できるお店で、43.5インチで組んでもらったので、振るだけならなんとかなります。
とりあえず、アイアンが曲がらなくなった今、この硬さでどういった結果が出るのか、再挑戦です。
来年のドライバーシャフトを決めるための判断材料にしたいな、と。

結果は・・・・

まずまずでした。

力んでチーピンになったのは2つ。
最初と最後。
3ホールほどは、狙ったところへほとんど真っ直ぐ。
気持ちドロー。
OBはなし。
最小飛距離180ヤード。
最大飛距離270ヤード。

しなりは少なめながら、振り遅れ感が全く無いので、スチール感覚。
なかなか良かった。
ドライバーだし、もう少しだけ弾いてくれれば申し分ないかなー。
振った分だけ飛ぶ、という正しいあり方なんですがね・・・

当たったら当たったで、どこかしら不満が残るのは贅沢ですなー。

 

柔らかすぎるよりは、多少硬いくらいのシャフトが良い、ということは、よ~くわかりました。

長さが飛距離に恩恵をもたらすような腕前が無いので、短尺に決めました。
今回の総重量は、およそ330g。
アイアンが38インチの5Iで415gほど。

重さのバランスは良さそう。

振動数で言えば、265から275cpmあたりが自分のストライクでしょうか。

 

G10はこのまま使ってみることにします。

休眠中の983Kあたりを使って、もう少し短め、重ための試打用クラブを調達してみようかな。
シャフトはYS-7+あたりが良さそう。

妄想が、もし実現したら、改めてご報告します。

 





 
 
 
 

人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 

|

2013年9月15日 (日)

デビスカップ


人気ブログランキングへ  

 

テニスのデビスカップが佳境です。
あー、見ていてストレスになるくらい、ドキドキしますな・・・

最終日、錦織選手がシングルスに勝って、2勝2敗。
日本のワールドグループ復帰をかけて、最終戦、添田選手が奮闘。

頑張れ!

 

 
 

この試合を見る前には、ボクシングの一大イベントを見ていました。

サウル・アルバレス VS フロイド・メイウェザー

両者のファイトマネー総額、90億円を超えるかという、ビッグファイト。

若き天才と、17年間無敗の絶対王者の対決は・・・

 
 

予想通りといいましょうか。

メイウェザーの判定勝ちでした。

神技のようなディフェンスは、今日も健在。
鉄壁と呼ぶに相応しい。
もらったのはジャブ数発とストレート1発だけ。

 

36歳だというのに、技術、体力ともに健在。

メイウェザーに勝てるとしたら、アルバレスだけでは? とまで言われていたのに・・・

でも、アルバレスが積極的に攻撃し、善戦していたのは印象に残ります。
ただ、ヒット率が悪かった。
決して、圧倒的な差があったわけではないので、次に期待です。

 

 

気がつくと、一日中スポーツ観戦となってしまった。

今朝は、練習に行って来ようと張り切って起床したところ、外は豪雨。

ピカピカゴロゴロ、雷も頻発・・・。

 

とてもゴルフどころじゃない。
女子の試合も中止されました。

残念。

 

その場で回転して、コックをしっかり入れる。
ビハインド・ザ・ボールで打つ。

やっとルーティンに自信が出てきたところで、また一つプチ開眼。

 

以前もあったけど、閉眼してしまったイメージ。

 

テニスのバックハンドスライス。

 

インパクトで、左腕がしっかり伸びる。
フェースイメージがしやすい。
15年もやってたことだから、右腕じゃなくても、自然なイメージで打てる!

自信を持って打てるというのは、とても大きい。

イメージが湧くから、不安が無い。

バックハンドのイメージだけだと、体重移動が大きすぎるので・・・
スウェイしないように、その場で回転。
うまく噛み合ってるみたい。

 

明日以降、改めて確認だ。

 
 

あ、デビスカップが・・・終わった。

ワールドグループ復帰!!
fuji

 

目出度い。
感動的なシーンでござる。

 

気持よく、ヤフオクへの旅に出るとします。
catface



 
 
 
 

人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 

|

2013年9月 8日 (日)

プチ開眼

 
 

つい先日まで暑い日が続いていたのに、ここ数日、めっきり涼しくなりました。

札幌は、秋が目の前。

 

東京以南は、まだまだ猛暑が続いているみたいですが・・・
残暑見舞い、申し上げまする。

 
 

先週から、ドライバーだけ当たらないのはどうしてか? 考えてました。

先週末のラウンドでも、ニアピンがあって、アイアンはなかなか調子が良い。
UTもまずまず。

短い方が当たるのは自然なことだけど。

シャフトが寝てるのかも。

じゃ、動画でチェックしてみて、と。

気になるほどの問題はなさそう。

うーん・・・

 

なんか気持ちよく振りきれない。

ゴルフも9年目。
多少の経験があるから、無意識に修正してることが良くあるし、練習場では問題なく打てる。

でも、しっくりこない原因と言ってもね・・・

 

わかりません!

 

いやー、困ったな、と。

 

こんなときは、いろいろ試すしかない。

できることは何でも。

 
 

そうしたら、意外に早くわかったことが一つ。

 

最近、右脇を締めることに注意していたので、右手に力が入っていたみたい。

右手主導で左肩の開きが少し早い。

 

その場で回転、しっかりコック。
思い切ってビハインド・ザ・ボール。

なんと。

 

 

良い当たりが出るじゃありませんか。
自宅で練習するぶんには。 

 

練習場で球筋を見れば、安心できるかもしれない。


  

で、早速、練習へ行ってきました。
微風、快晴。 気温は20度少々。
最高に気持ち良かった。

 

思ったとおり、その場で回転するとスウェイしません。
そうなると、ビハインド・ザ・ボールもしやすい。
しっかりコックできれば、ダフリトップも出ません。

久しぶりに、5Iも使ってみました。

 

当たる!
24度のUTと同じくらいの距離が出る。
練習場でキャリー150ヤードということは、コースなら180ヤード。

文句なしの高弾道。

これはいいかも。

 

アーリーコック、その場で回転、ビハインド・ザ・ボール。

しばらく前にも同じことを書いていた記憶がありますが・・・
それは、まあ良しとして。

楽をすると必ず出るのが、スウェイと肩の開き。
自分の悪癖を出さないためには、この3点が重要だと言えそうです。

沢山のチェックポイントを試して来ましたが、今はこれだけで良さそう。

 

それでも・・・・

 

ドライバーは当たらない。

全く・・・困ったもんだ。

 

アイアンの延長で打とうとして、打ち急いでミス。
その繰り返し。

長い分、タイミングを計って打たないと、当たりません。
頭でわかっていても、なかなか出来ないんだなー。

アイアンのタイミングを少しだけゆったりさせることが出来れば。
今日からは、そのへんを意識してみるとします。

タイミングを一定にするのは、大切ですよね。
それができればパッティングも改善できそうな気がします。

ゆっくりとテークバック、適度な間があって、ダウン。

忍耐だな。

相手がいるわけでもないのに、慌てる必要無し。

忍耐、精進、我慢我慢。 


 

そういえば・・・

ドライバーの調子が悪いのに、持っているのは250CPM、283CPM。
柔らかすぎ、硬すぎ。

丁度良いシャフトにして練習すれば、もっと良くなるのかもしれない。

そう思うと、なんだかそうしないと落ち着かない。

せっかく、よい兆しがあるのだから、この際・・・

 

リシャフトした方がよいかも。

 

松山選手のラウンドを見ながら、検討するとしよう。

 



 
 

人気ブログランキングconfident

Banner_2

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 

|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »