« FC-614 7W | トップページ | 十二国記 »

2013年8月25日 (日)

アプローチ練習


人気ブログランキングへ

 

 
 

今日(8/24土曜)の札幌は、断続的に驟雨。rainthunder

ゲリラ豪雨と言えそうな、突然の土砂降り。

 

道路の向こう側が白い幕で覆われるくらいの雨が、突然やってきて、しばらくするとピタッと止みます。
風と雷を伴う、すごい雨でした。

 
 

朝のうちは晴れ間が出ていたので、いつもの練習場へ。

風もあまり無く、わりと気温も低めの練習日和。

 

アプローチウェッジで30ヤードから。
バスケットに入るまでウォーミングアップ。

それが終わったら、50ヤードのグリーンを狙って4箇所へ打ち分ける練習。
右奥、左奥、右手前、左手前。
高めの球、低めの球、ドロー、フェード。

AWが終わったら、56度のサンドウェッジに替えて打ちます。

その場で回転するイメージで打てると、安定するようになってきました。
それから、コックを強めに入れて、目標方向へちょっとだけ押すイメージ。

PW、9Iと気持よい当たりが続きました。

これがドライバーでも続いてくれると嬉しいんですが・・・・

 

UTまでは良い感じでした。
目標へ向けてフェースを少し押すようになってから、打ち出し方向が認識しやすく、フックの度合いが減りました。

 

上達っていうのは、本当に少しずつしかしないものです。
でも、考えて練習していれば、確実に良くなってくれるようです。 

しばらく前までは、球数だけが多くて、どうするかを考えなかったからな・・・

 
 

と、ここまでが土曜日。

今日も練習へ行ってきました。

 

今は雷雨になってますが、8時ころに出かけたのが幸いして雨には当たらず。

続けて練習場へ行くと、当たりが良くなります。
当たり前のようですが、初心者の頃は日替わりスィングですから、それがありません。
今はそれなりに上達したから、当たりも良くなるんだなーと、そんなことを思いながら、たっぷりと打ちました。

ウェッジ中心に、昨日も今日も500球ほど。
短い番手でアプローチを打つと、あっという間に200、300と打ってしまいます。

今日は51度と56度を使って、50ヤード先のグリーンを目がけ、黙々と打ち込みました。

NS950FW(S)の挿さったFC-714は、気持よく飛んでくれてます。
NS850(S)のG10UTより曲がりも少なめ。
あとすこしだけヘッドが重ければ申し分なし、といったところ。
このままコースで使うかどうかは、もう少し様子を見てからにします。

ドライバーも1球だけ打ってみたところ、これが目の覚めるような当たり。

アプローチの延長で打ったのが良かったようでした。

脇が締まって、小さなトップ。
コックがしっかり入ってダウンブロー。

力まず、緩まず目標へ向かってフォロースルー。

 

いつも、こうあってほしいものです。

ドライバーが安定してくれれば、すぐに70台が見えてくるんですけどね・・・。

 
 

ともあれ、

アプローチは面白いようにピンへ向かって飛んでくれました。

練習場の1ピースボールだというのに、スピンもしっかりと効いて止まります。

ハンドファストで、上からヘッドが入っているからでしょう。

手から伝わるフィードバックも、ダフリトップが殆どありません。
ようやく、自然にそうした打ち方ができるようになったのかもしれません。

 
 

さて、あとはドライバーをどうするか。

うーん。
悩ましい。



 

帰って、PGAツアーのプレーオフ第1戦を見ながら、ゆっくりと考えてみます。


 
 
 


 
 

人気ブログランキングconfident

1007

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 
 
 
 

|

« FC-614 7W | トップページ | 十二国記 »

ゴルフ」カテゴリの記事