« 残月 みをつくし料理帖 | トップページ | セガサミーカップ 2013 »

2013年6月29日 (土)

アンサー2

人気ブログランキングへ

 

 

 

札幌は、一年のうちで最も過ごしやすい季節になりました。

寒くなく、暑くなく。

 

晴れの日は、仕事に行くのがもったいないほど。

 

今週末は、練習ラウンド。
廣済堂新コースのセルフでした。

朝のうちは肌寒いほどでしたが、動くには丁度良いくらい。


 

前回のラウンドは、マネジメントひとつで簡単に大叩きしてしまうことを再認識させられました。

シングルの方が無理をしてダブルパーを叩いていたのを見て、客観的にも。

 

それはこうして起こりました。

最短230ヤードで突き抜けるかもしれない右ドッグレッグ。
そこでドライバーを持って打ったボールが、見事に最短箇所へ。

崖の途中で止まり、2打目は極端なつま先上がり。
出すだけなら問題なかったはずですが、ウッドで無理をして、近場の斜面へ。
そこでフェアウェイ方向へ出し、次が4打。

しかし、そこから打ったボールはライが悪くて距離が足りず、グリーンから距離のあるガードバンカーへ。
運の悪いことに縁に近いところで5打目。

距離を出そうとして土手にあたり、再度バンカー。
それが更に難しい状況でした。
どうにか出してグリーン脇。
そこからアプローチが寄って1パット。
合計8打。

ショートゲームの下手な人なら10打以上になっていたところでした。

組立を一つ間違えると、簡単にスコアが崩壊しますね。

いやー、自分でやってしまうと頭が真っ白になって終りですけど・・・
参考になりました。

 
 

そうしたことを思い出しながら、この日は新しいアイテムを携えて行きました。

それがこれ。

 

0629_1

0629_2

0629_3

PING アンサー2。

 

 
 
 

ヤフオクなどを中心にいろいろなパターを見ていて、目に止まったのがこれでした。
ゴルフパートナーでよさそうなものがあったので、送料込み7,000円で購入。

 

届いたものは、想像以上にきれいな状態。 
シャフトバンドも、透明なものに緑文字でオリジナルのまま。
ただし、シャフトにはかなりの傷があります。
34インチだったので、2インチほどカットしましたが、シャフト内部も錆なし。
グリップはタイガーと同じPINGのブラックアウトに変更。

由来が知りたくて、ちょっとだけ調べてみました。

わかったことは・・・
85068という型番から、1985年以降のものらしい。
トップラインにmade in usaの文字があるので、同一モデルでは古いものらしい。
ベリリウムカッパーモデルということ。

以上から、20年前後が経過しているパターだと思われました。

アマチュアだったタイガーを含め、複数の有名選手が使っていたものと同じ形のアンサー2。

最もベーシックなパターの一つです。

シャフトカット、グリップ交換後の総重量は487g。

今のパターに比べると、少し軽め。

オデッセイのインサート(#5)に慣れた自分には、少し固めの打感。

室内練習2日だけで、先入観なしにラウンドで使いました。

やはり、今までと全く違う打感と形状ですから、距離感が合わずに少し苦労しました。

 

でも、方向性は◎。

 

構えやすいですね!
fuji

 

上がり3ホールは、寄せワンを含め連続パーで締めくくり。

ラウンドを通して、ここしばらく全く入らなかった2メートル超が、3、4度入ったでしょうか。


濃茶の色合いが光の反射を抑えて、気持ちを落ち着かせる効果もありそう。

 
 

これは・・・ 

 
 

とても良い買い物でした。
happy01

 
 

来週末は月例会メンバーのコンペ。

なんだか楽しみになってきました。

 

 




 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

« 残月 みをつくし料理帖 | トップページ | セガサミーカップ 2013 »

ゴルフ」カテゴリの記事