« 聖の青春 | トップページ | 残月 みをつくし料理帖 »

2013年6月15日 (土)

全米オープンゴルフ 2013

人気ブログランキングへ

 

 

 

今週は全米オープンゴルフですね。
 
私は録画派ですが、LIVE派の方は寝不足かもしれません。
 
 
 
厳しい闘いの中、やはり日本勢は苦戦しました。
 
本当にタフなコースセッティングなんでしょう。
 

トッププロでさえ、ファーストパットが寄らず、短いパットを外しまくります。
 
自分たちのパッティングを見ているような、不思議な気分になります。
 
実際には、下りは15フィート相当、上りが10フィート相当の転がりらしいですから・・・
 
 

全く無理!
 
 
アマチュアが回ったら、40パットでは済まないでしょうね。 
 
嗚呼、おそろしおそろし。

 
 
そんな中、タイガーは+3で予選通過。

世界ランク1位から3位の組でラウンド。
 
そのほかにも、ワトソン、ジョンソン、コルサーツという飛ばし屋組もありました。
 
主催者から観客への配慮が感じられました。 
 
  
あと2日あります。
明日、3日目が勝負でしょう。
 
タイガーは、優勝の目がある位置ですよね。
 
彼なら、-4くらいのスコアが出せる可能性もあります。
 
そうなれば、首位が見えそうです。
 
 
絶対に見逃せないラウンドになりそう。
 
 
 
 

 
今日の札幌は、久しぶりに、ちょっと雨が降りました。
 
夏日が続いていたので、いろいろな意味で良かったかもしれません。
 
 
 
雨で涼しいかと思い、今日は午前中に練習へ行って来ました。

いつもどおりにウェッジから始めて、ドライバーまで。
 
球数は少なめの300球ほど。
 
途中から晴れて気温が高くなり、汗をたっぷりかきました。
 
 
昨秋から試行錯誤していたショットのチェックも、およそ落ち着いてきました。
 
正中線を意識、右脇をしっかり締めて、右手のコックをしっかり。
コックはそのままでダウン。
 
60度のウェッジから21度のUTまで、同じ打ち方でターゲットを狙えそうです。
 
力まずに打てて良い感じ。
 
 
 
ただ・・・
 
 
 
ドライバーだけが強めにフック。
 
どうもシャフトがしなり過ぎの感あり。
 
 
他のクラブと同じタイミングで打つと、打ち出しは真っ直ぐでも、頂点に届いたかな、というあたりから左へ大きく曲がります。
 
実に困りました。
 
ドライバーだけ違う打ち方なんてできません。
 
 
春は良かったんですけど・・・
 
暖かくなってきて身体が動くし、シャフトも大きくしなっているのかもしれません。
 
仕方がないので、次回のラウンドはGT500(X)の入ったドライバーを使ってみようかと思います。
  
しなりが少ない分、曲がりも少ないはず。
 
 
 
3ヶ月前には完璧なセッティングだと思って満足していたんですが・・・
 
アイアンとウェッジが好調なので、それを基準にできるのは助かります。
 
あとはパターだけだと思っていましたけど、またドライバーの試打を繰り返しますか。
 
 
こうなると、試打は夏がいいってことでしょうか。
 
考えどころです。
 
 
 
問題のパターはと言えば、ここ数日間というもの、ヤフオクと楽天にはまってました。
 

安くて程度の良いものを幾つか買ってしまおうかな、なんて・・・
 
 
クラシックタイプのL字。
 
正統派ピンタイプ。
 
2ボール。
 
全くタイプが違います。
 
持っていないものばかり。
 
 
 
いろいろなタイプのパターを使って、自宅で練習。 
 
これが良いのでは?
 
なんて思う次第。
 
 
 
いや、腕前を上げることが先決だ。
 
とも思うわけでして・・・
 
 
 
困ったな、と。
 
全米オープンを見ながら、心ゆくまで検討することにします。
 


 




 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

« 聖の青春 | トップページ | 残月 みをつくし料理帖 »

ゴルフ」カテゴリの記事