« 春爛漫 | トップページ | 幼年期の終り »

2013年5月26日 (日)

パッティング練習で・・・

人気ブログランキングへ

 

 

 

近所は桜が満開。cherryblossom
昨日あたりは少し肌寒かったですけど、やっと暖房から開放されそうです。
 


窓から見える平岡の森が、刻々と姿を変えていきます。
朝と晩で、はっきりと違いがわかるほど、緑が増えていきます。
おそらく来週になれば短い春が終わって、初夏の様相を見せることでしょう。

cloverbudsun
 
紫外線は既に夏と同じかもしれません。
 

 
練習場の往復に欠かせなかったベンチコートの洗濯が終わったことで、やっと自宅内の季節も変わりました。
ここまで遅い春は記憶にないなー・・・
 
 
 


次の週末は月例会仲間のコンペ。
 
 
先日のラウンドはパットが悪くアプローチが良かった。
今度もアプローチが1ピン以内に寄ってくれるなら、大きな自信になります。


ウェッジの距離感を再確認しておきたくて、練習場へ。

 
キャロウェイフォージドは、ほんの少しですがフェイスが大きく見えて安心感があります。
昨年まで使っていたPINGのTOURウェッジより、かなりやさしい。
 
リーディングエッジの丸みが少なめ、ターゲットに正対しやすい。
このウェッジに変えてから、時折出ていたシャンクが出なくなりました。
油断は禁物ですけど・・・
 
 
 
練習場についてから、いつもの2F右寄りの席へ。

先ずは51度の30ヤードから始めて、20、10、40、50・・・と距離を変えながら150球ほど。
 

 
フルショットを打ってから、PW。

 
ハーフショット、フルショットの距離と方向性を見ます。
リーディングエッジの向きと合わせて、じっくりと確認。
 
まずまずでした。
 
小さい距離でも、フルショットでも、チェックするのは正中線とコック。
インパクト前後のフェースが目標を向いていること。
 
本当は、あと1つくらい増やしたい。
でも、不器用な自分は1つずつ確実にできるところまで到達しないと、後に続きません。
 
コースでショットの安定感が増したことを考えても、しばらくはこれだけで続けようかと。
 
 

PWの後は、21度のUT。
そして、5I。
 
この日は5Iで200球ほど打ちました。 

ダウンで右肘を鳩尾に近い所へ絞るように、軸がブレないよう、肩を開かず。
そんなイメージで打てると、目標へ向かって真っ直ぐにボールが飛んでくれました。
 
ダフりは無く、トップ気味が数球。
 
逆玉無し、想定外の強めフックが数球。
 
自分としては、まずまず。
 
コースでは精度が半分に落ちるとしても、十分でした。
 
 
 
次にドライバー。
 
 
ティーの高さは、クラウンの上にボール1/3個分が出るくらい。
 
 
ボール位置を左かかとから始めました。
 
少しずつ真ん中寄りに。
 
 
 
アイアンと同じ位置でも打てましたが、結局、左踵と正中線の間が良かった。
 
 
ここからまた5I、UTと打ってから、ウェッジまで。
 
500球弱で練習は終わり。
 
適度に汗をかいてスッキリ。
 


 

しばらく前に気づいたことなんですが、シャフトが長いと、3次元的なスィングイメージがつかみやすい。
そんな気がします。
 
この日の練習で、改めてそう思いました。
自分自身の視点で、2次元的なチェックをするのは難しくありません。 
それなりの範囲が見えてますから・・・
 
でも、3次元的にチェックして、スィングイメージできた方が再現性も高いと思われます。 
ただし、縦のスィングを常に視界でとらえることはできませんよね。

 
自分の場合は、39.25インチ、21度のUTが、縦イメージしやすいクラブのようです。
 
 
ショートアイアンでもプレーンがずれたと思ったら、UTを軽く振って確認します。
 
理由は不明ですけど、右半分のプレーンがわかりやすい。
 
UTでプレーンチェックしてから、アイアンを振ると当たりが良くなります。
 
 
 
UTが得意クラブになったってことなんでしょうか。
 
・・・・難しく考えるのは止めにしておきます。
 

 
今の課題は、パッティング。
 
 
練習方法を調べていたら、面白い記事がありました。
 
元LPGA賞金女王、ロレーナ・オチョアに関して。
 
パッティング練習で、目をつぶって打つ。
 
 
 
なんと。
 
 
面白そう。
 
 
 
 
実際にやってみると・・・
 
 
 
驚愕の結果が!
 
 
 
 
 
ターゲットを目で捉えて構えるまでは同じルーティン。
 
 
構えたら、目をつぶって打つだけ。
 
 
 

そうしたらですよ、
 
あろうことか、

 
 
 
3メートル弱が4球続けて入る快挙。
 

目を開けていたって入らないことが多い距離です。
 
練習ですけど、驚きました。
 
 
この結果から分かることはと言いますれば・・・
 
 
 
構えた時点で結果は決まっている。
 
ってことですよね。
 
 
あとは余計なことをせずにストロークするだけ。
 
3メートルが入ったのは、目をつぶっていたことで余計なことができないから、構えたとおりにボールが打てたということでしょう。
 
 
いやー、本当に眼から鱗が落ちました。
 
 
しっかり構えて、あとは打つだけ。
 
絶対に、ボールを目で追ったり、頭を動かしたりしない。 
 
 
よし。
 
ラウンドで実践あるのみです。
 
 
 




いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

« 春爛漫 | トップページ | 幼年期の終り »

ゴルフ」カテゴリの記事