« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

クラブ到着

人気ブログランキングへ

 

 

先週末、風邪をひいてしまいました。
 
散髪をして、後頭部が涼しくなったところへ湯冷めしたかもしれません。
 
髪の毛が長いか短いかは、思っている以上に違うみたいです。
 
 
短く刈り込むと、空気が地肌に刺さるような感じが・・・
 
 
 
幸い軽めの症状で済みました。
今後は気をつけないと。
 
 
 
 

風邪が治りつつあった水曜日、リシャフトに出していたクラブが戻って来ました。
 
 
待ちかねたクラブの到着。
 
 
レガシーブラック、5Iの仕上がりは、38インチ、414.2g(ヘッド250.9g、シャフト108.8g)、315cpm、D1でした。
 
シャフトはDGXP(S300)、グリップはMCC WhiteOut/Blue。
 
少し軽めの仕上がりは、楽に振り切れて良い感じ。
 
夏のラウンド後半を想定すると、これくらいがいいと思います。
 
 

アイアンの数値は想定通り。
 
問題はウッドです。
 
 
ドライバーは43.5インチの短尺で、ヘッド重量を205gにしてもらいました。
 
シャフトはYS-6+(R)。
 
仕上がりは、317g、250cpm、C7.6。
 
数字で見ると、ちょっと柔らかいですか?
バランスは、振ってみて軽ければ鉛調整。
 

 
 
データと結果が一致するとは限らないので、打って確認するとします。
 
 
 
 

そこで・・・・・
本日(土曜)まで待って、打ちました。
 
 
 
日差しもあって、練習日和。
 

シーズン開始直前だからでしょう。
かなりの人が練習場に来てました。
 
 
 
51度(表示は52)から打ちます。
 
452gは、リシャフト前より20g近く軽い。
 
これは慣れないと・・・
 
 
5分も打つうちに、感覚がつかめてきました。
夏ならフルショットで100ヤード少々ですかね。
 

キャロウェイのフォージドウェッジは、顔がいいので構えやすい。
48度を調整して、46度にしてもらったので、PWとして使う予定です。
同じウェッジが、46、51、56、60度と4本。
 
120ヤード未満を手厚くしました。
 
 
そのあとは、PW、9I、8I・・・と進み、6Iまで、距離感、方向性は全てOK。
 
アイアンは、リシャフト前のGS95より重くなったのに、飛距離が伸びてました。
 
自分に合った重量が、タイミングを良くしてくれるようです。
 
 
5Iは少し左右にバラけてしまいますが、これは未熟な腕の問題。
 
去年よりは良くなってますけどね・・・5Iが自由に打てる技術が欲しい!
 
 
次がUT。
 
ADAMSのSuperS、19度。
 
40インチ、355.4g、D0、258cpm。
 
振動数からすると、柔らかすぎかな、と思えました。
もともとのKUJOH(R)は、もっと柔らかくて、もう少し軽かったので、まあ良しとしますか。
 
 
でも、打ってみると問題なし。
 
というより、なんだか打ちやすいではありませんか!
 
 
軽いからと振り回すような事がなければ、安定感があります。
 
シャフトYS-7+(R)もいい。
 
適度なしなりがあって、しなり戻りが丁度良いタイミング。

 
夏なら、地面から打って200ヤード少々だと思います。

ハーフショットに近いくらいの振り幅で180ヤードは飛んでそう。
  
スリットの入ったホワイトヘッドは、打感も良く、直進性が高いです。
 
コースで活躍してくれそうな予感。
 
 
最後がドライバー。
 
今回は、G10、V201の2本を同じスペックで仕上げてもらいました。
構えた感じは、どちらも美人です。
 
数値は、ほぼ一緒。
 
打ってみると、V201の方が操作性が高い感じです。
特にフェード、というかスライスの巾がG10より大きめ。
 
G10ではフェード自体、打つことが少し難しいかも。

もともと自分の持ち球はフック気味です。

打感、打音はV201の方が好みかな・・・
ヘッドのグルー調整があったのに、それほど変化はしていないようでした。
 
 
飛距離はほぼ同じ。
 
夏ならキャリーで210~220といったところ。
 
アイアンやUTとの違和感はありません。


気になったのは、チーピン気味の球がいくつかあったこと。
少し柔らかめのシャフトが影響しているとすれば、その点だけかな・・・

これは、フォローの方向を意識すれば回避できそう。


もう一度、じっくり打ち込んでみて、今シーズンのエースを決めます。

 

 
リシャフトしたばかりですが、どのクラブも違和感なしで、一安心。
 
明日から、しっかりと打ち込みます。
 


 




 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

2013年3月23日 (土)

最近のスィングチェックポイント

人気ブログランキングへ

 

 

一昨日の朝。

春分の翌日だというのに、20センチの積雪。

 
 

でも、今日までに全部溶けました。^^

 

しかしながら、積雪は1メートルに近く、なかなか地面が見えません。

暖かい日なら、一日で10センチは溶けますから・・・

 

うまく行けば、あと10日!?

だとうれしいですね。

 
 
 

スキー場は例年よりも多い積雪で、まだまだスキーが楽しめそうですが、3月末目途でクローズするところもあるらしいです。

夏はゴルフ場になるスキー場の場合ですが、予定通りにオープンするためとか。

 

意外でした。

スキーの方が多くの顧客を迎えられそうです。
売上も多いような気がしますが。

 

札幌近郊のゴルファーは嬉しいですけどね・・・

 
 

あと1週間少々で4月。

苫小牧あたりだと、そろそろオープンするゴルフ場が出てくる頃です。

 

札幌近郊でも、あと半月ほどでしょうか。

おそらくは、4/18前後に、かなりのゴルフ場がオープンすると思います。

 

2013に向けて、シーズンオフにクラブ見直しを始めたのが、ついこの間だったように思えます。

いよいよ、見なおしたクラブデビューまで1ヶ月となりました。

肝心のモノは、まだ届いていませんが・・・

来週のうちに届くといいな、と。 

 

 

クラブを一揃い発送してから、UTを使った練習が中心になって2週間ほど。

長いクラブは、やっぱり難しい。

ウェッジに比べてミスがはっきり出るし、ヘッドの位置も分かり辛い。

どこを注意すれば再現性が高くなるのか、挑戦の日々。

ウェッジで確認したことを1つずつ再確認しながら、繰り返し打ちます。

つま先寄りの拇指球に重心を置く。

両脇をしっかりと締めて、ハンドダウン気味にアドレス。

肩を回しながら、身体全体でテークバック。

テークバックに同調して、アーリーコック。

 

ここで一つ気が付きました。

手首をやわらかくしないと、コックが浅くなりがち。

コックが浅いと、右肘が胸の前から外れがちになり、ダウンでタメの解け方が早くなり・・・

トップもダフリも出てしまいます。

 

手首の脱力ができると、腕全体がリラックス。
右掌が自然に上を向いて、出前持ちスタイル。
コックの入り方が深めになって、右肘が自然に内側へ絞られる感じ。
ダウンはその場で肩を回転、力まずにコックを維持するとクラブヘッドが身体の近くを通りやすくなり・・・
ダフリトップが激減!!

 

となるようでした。

 

そういうときは、21度のUTが楽に打てます。

アイアンも、ドライバーも同じように。

 

これが続くと、本当に嬉しい。
ゴルフやってきて良かった・・・

 

是非にでも、コースで同じ感覚を再現したいところです。
それができれば、ひょっとしていきなり70台が出てしまうとか・・・

ふふふ・・・

 

 

最近はショットの調子が上向きなので、ショットばかり練習してます。

 

スィング中に脇が締まるようになったおかげで、パッティングにも良い影響が出ているみたいです。

あまり意識しなくても、身体を使って打てているような気がします。

最初のラウンドは、去年と同じオデッセイ#5にするか、それとも買ったきりデビューしていないMIZUNO RH-0051か。

スコアの4割はパットだと言いますからね。
とても重要です。 

練習の結果を見ながら考えるとしますか。



 
 
 
 
  

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

2013年3月16日 (土)

コンビニたそがれ堂

人気ブログランキングへ

 

 

0316_2


コンビニたそがれ堂
 
村山早紀 著
 
 
 

童話作家(児童作家)という作者が、加筆修正の末に、大人も対象読者に含めて出版された本作。

 
ほんわかと暖かい作風は、浅田次郎氏に通じるものがあるような気がしました。
 
 
しかし、そこは流石に児童作家。
 
子供の視線、より純粋な視線です。

 

  
読んでいくうちに、少しずつ、気持ちがほぐれていく。
  
 
ともすれば忘れがちな、思いやり、やさしさが、じんわりと広がる。
 
 
癒し効果のある本でした。
 
よく読書をする方なら、2時間はかからずに読み終えてしまうくらいのページ数。
短編集なので、一気に読むより、1篇ずつ楽しみたいところです。
 
書店で手にとって、少し読んでみるといいかもしれません。
 

 
 
 
 
その前週には、こんな本も読みました。
 
 

0316_2_2


 
人類は衰退しました。
 
田中ロミオ 著
 
 
 
amazonあたりで売れ筋検索をすると、必ず上位に来ていたので注文してみました。
 
 
・・・これは。
 
ヲタク系? という文学ジャンルがあるならそこに分類するのかもしれません。
 
近未来SF? とも言えるのかな・・・
 

アイデアが面白いので、続編が次々と出ているのでしょう。
 
衰退期の人類に対して、新興勢力たる生物?が妖精然とした容姿とウルトラスーパーテクノロジーを有している。
なのに、敵対し得ないという矛盾点。
 

若い読者なら、もっと楽しめそうです。 
 
中高年でこれを楽しめた方がいるとしたら、それは素晴らしく柔軟な感性を持った希少な方だと思われます。
 

 
 
今回のamazonランキング上位を狙ったピンポイント爆撃は、現時点で痛み分け。
 
まだ何冊かあるので、じっくりと楽しむとします。
 
 
 
 
先週末の大雪から、一転して雪溶けが進む札幌。
 
今日は少し雪模様ですが、気温は高め。
道路も凍結していません。
 
 
 
ここまで来れば、本格的な春も間近。
 
積雪は多いですが、ゴルフ場ではオープン準備にかかる頃でしょうか。
 
私個人のシーズン開始は4/19予定。
 
 
おそらくユニ東武。
 

新しいクラブが揃っていれば、その日がコースデビュー。
ちょっと楽しみです。confident
 
 
 

先週のアイアンに続いて、今週、リシャフトのためにウッドも発送しました。
 

 
 
ドライバーはG10、V201の2本。
UTはADAMSのSuper19度。
 
アイアンのシャフトと大きく違うことが無く、自然な流れで、振った感覚が同じになるようにと考え抜いて・・・
 
ショップにも相談しながら選んだシャフトは、YS-6+。
過去に使ったことがあるのはYS-7+でしたけど、数値などから考えるに、問題なさそう。
ディアマナのBシリーズも考えましたが、使ったことがあるシャフトの安心感が勝りました。
Bシリーズは、そのうち是非使ってみたいシャフトです。 

 
決まったまでは良かったのですが、国内在庫が無く、US経由で取り寄せると5月になるかも・・・
 
ならばということで、自分で購入。
届いたシャフトと一緒に、ウッドも送付。
 

今週末、手元にあるクラブの中で、コースに持っていくとしたらG10UT。
新しいセットが届くまで、しばらくはこのクラブを中心に練習です。
 
 
気に入ったウェッジ中心にスィングしていると、だんだんスィングプレーンのイメージが湧いてくるようになりました。
 
でも、長いクラブでは、まだまだ・・・
 

重心と脇とコックを注意するのは、ルーティンとしてOK。

 

でも、それだけでは足りないようです。

3次元的なスィングイメージがあると、より再現性が高くなるみたい。

 

 

丁度良い機会かもしれないので、ウェッジと同じくらい再現性が高くなるまで、UTで打ち込んでみるとしますか。

 
 
  
 
 


  

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

2013年3月 9日 (土)

アイアン発送

人気ブログランキングへ

 

 

ようやく春の足音が聞こえてきたと思ったら・・・

一晩中嵐が吹きすさび、30センチの積雪になった今朝。

snow
 
 
明日も続くかもしれません。

 
 
でも、じきに溶けてしまうでしょう。
 
最高気温も、プラスになってきましたから。sun

 
 
真冬とは違って、雪が降っても気持ちが明るいこの頃。
 
 
アイアンの仕様が決まって、今日、リシャフトのために発送する予定。
 
ショップはいつもお世話になっているBBゴルフ殿。
 
 
今回もよろしくお願い申し上げます。
 

 
 
信頼できるお店があるというのは、本当に有難いことです。confident
 

 

これでアイアンとウェッジは出来上がりを待つだけ。
立て込んでいるようなので、仕上がりは月末頃かな・・・。
 
それまでは、手元に残っている古いウェッジでも振っていることにしますか。
 
 
ここしばらくは、ウェッジを中心に練習していました。
 
46、52度の2本。
たまにドライバーやUT。
 
 
スィング中のフェースを認識できるように。
そのために、脇の締りと手首の角度が変わらないように・・・
 
右脇から右腕、右手首、そしてシャフトまでがワンピース。
 
テークバックは身体全体で。
 
ダウンも自然と身体全体。
 
 
動画で見ても、ハンドファストが自然に再現されてる。
 
冬の間に練習で工夫した成果が、形になってきたかもしれません。
 
スィングの再現性が、だいぶ高くなりました。


中でも、一番大きかった変化は、アドレス。
 
体重を載せる位置。
 
足裏の、どの辺りに荷重すると安定するのか。
 
いろいろと試してみました。


 
 
これが大当たり。shine
 
 
 
 
よく、拇指球と言われますが、拇指球でもつま先寄りが、自分にぴったり!!
 
 
足の内側、つま先寄り。

このバランスが壊れない範囲なら、前傾がほとんど変わりません。
 
左右のスウェイも最小限。
 
 
 
開眼したかも。flair
 
 

 
 
ドライバーの試打をしながらシャフトを何にするか、悩んでおりましたが、これがあったので・・・ 

 
このさい、ウッドのシャフトも見直すことにしました。
 

 
 
 
せっかくアイアンがいいものになるのですから、一貫性のあるセッティングにしないと。
 
うむ。 大切なことです。
 
 

アイアンが出来上がるまでにシャフトを決めて、ウッドもショップへ送る計画。
 
 
できれば、落札してからほとんど使っていないV201にも活躍して頂きたいですから。
 

 
G10と同じシャフト、ヘッド重量も同じにしてみたら、比較できていいかもしれません。
 
 
うーむ。
 
 
これは楽しみな・・・

happy02
 
 


  

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

2013年3月 2日 (土)

FUBUKI 試打

人気ブログランキングへ

 

 

 

週末は暴風雪の恐れがあったので、昨日のうちに免許更新をしてきました。
 
ついでに、ドライバーシャフトを試してみようと、●木ゴルフへ。
 
 
 
雪の季節で、平日。
 
広い店内には、ほとんど人がいません。
 
 
いいですね。flair
 
打席も空いてます。
 
 

すぐに店員さんが来てくれたので、とりあえず、気になるシャフトを試します。
 
 
ヘッドは何か希望がありますか? と聞かれましたが
 
 

「なんでも結構です」
 
 
と答えてしまいました。
 

ここで、もう少し考えてから試打すれば良かった。
 
どうせなら、R1を使ってみるとか、購入可能性のあるヘッドを試すべきでした。
 

 
 
それはともかく・・・
 
試打開始。
 

 

 
 
最初のシャフトはFUBUKIのKシリーズ。
 
60g台のS。
 
 
ワッグルすると、手元寄りから中間部分がしなります。
WEBレビューの通り、かな?

 
素振りをしても、柔らかい感じ。
 
しっかりしなりますね。
 
打ってみると・・・
 

少し左目に出て、そのまま左へ。
キャリーも200出てません。
 
七筒(チーピン)、ですね。

bomb

 
 
もう1球。

 
少しマシになったけど、同じような弾道。



着込んでいて、準備運動すら無い状態から打てばこんなものですか。
 
打感は割りと良かったのですが。
 
肩が入らず、体が開き気味でボールがつかまったと思われます。

 
ウェッジ感覚で打ってみましたが、それでも左。
 
まだまだ改善しないといけません。
 

 
振った感じが知りたかったので、球数は抑えてFUBUKIは終了。
 
 
次はディアマナの新製品、Bシリーズ60S。
ヘッドはキャロウェイの遼くんモデル。

 
 
ワッグルしてみると、FUBUKIよりも少なめのしなり。
 
素振りの感覚では、しなりが均一で、全体調子。
 
打ってみると、そこそこナイスショット。 
 
ヘッドスピードが43。
 
230ヤード。
 
ここまでの合計時間が5分程度。
数回しか振ってませんから、相性がいいのかもしれません。
 
 
今使っている6Z08(R)よりも、気持ちしっかりしていて、戻りが早め。
 
全長に渡って、しなやかな感じがしました。

 

最後に、MIYAZAKIのKENA、INDIGO(S)。
ヘッドはスリクソンZ725。
 
ワッグルしてみると、3本の中では一番手元に近い部分がしなるような感じ。
 
振ってみても同じ。
 
先端がしっかりしているってことなんでしょうか。
 
打ってみると・・・1本目と同じようなチーピン。
 
2球目も同じ。
ヘッドに当たっている箇所は問題なく、打感も良いのですが。 

 
最後にしっかりと素振りもしてみましたが、やはり手元側がしなります。
 
カタログで数値を見ると69gもあって、結構ハードなスペックですが、振った感じは硬くありませんでした。 

 
こうしたところは不思議です。
 

 
わずか10分の試打を終えてみて、体が暖まっていなかったにも関わらず、FUBUKIはやわらかく感じました。
タイミングが合うなら良さそうです。
 
次にやわらかく思えたのがMIYAZAKI。


B60は、全体が均一にしなるような感じだったので、やわらかいというより、しなやか。
 
私のヘッドスピードは普段42-44m/sですが、気持よく振りきれました。
 
重量が問題にならないなら、70Sも打ちたいくらい。
 
ちょっとつかまりが抑えられているシャフトの方が、相性はいいようでした。
 

 
現時点で購入するなら、B60です。
 
振りぬきが良くて、しなり戻りのタイミングもバッチリ。

confident
 

 
 

 
ヘッドスピードや重量のような数値データは参考までにして、実際に振ってみて気持ち良いもの。
 
これが自分に合っている道具のようです。 
 

来週以降に機会があれば、70g台を中心に試打してみます。
 
短尺ドライバーには、その方が合うかも。

shine
 
 


  

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »