« ドライバーの鉛調整 | トップページ | アイアン発送 »

2013年3月 2日 (土)

FUBUKI 試打

人気ブログランキングへ

 

 

 

週末は暴風雪の恐れがあったので、昨日のうちに免許更新をしてきました。
 
ついでに、ドライバーシャフトを試してみようと、●木ゴルフへ。
 
 
 
雪の季節で、平日。
 
広い店内には、ほとんど人がいません。
 
 
いいですね。flair
 
打席も空いてます。
 
 

すぐに店員さんが来てくれたので、とりあえず、気になるシャフトを試します。
 
 
ヘッドは何か希望がありますか? と聞かれましたが
 
 

「なんでも結構です」
 
 
と答えてしまいました。
 

ここで、もう少し考えてから試打すれば良かった。
 
どうせなら、R1を使ってみるとか、購入可能性のあるヘッドを試すべきでした。
 

 
 
それはともかく・・・
 
試打開始。
 

 

 
 
最初のシャフトはFUBUKIのKシリーズ。
 
60g台のS。
 
 
ワッグルすると、手元寄りから中間部分がしなります。
WEBレビューの通り、かな?

 
素振りをしても、柔らかい感じ。
 
しっかりしなりますね。
 
打ってみると・・・
 

少し左目に出て、そのまま左へ。
キャリーも200出てません。
 
七筒(チーピン)、ですね。

bomb

 
 
もう1球。

 
少しマシになったけど、同じような弾道。



着込んでいて、準備運動すら無い状態から打てばこんなものですか。
 
打感は割りと良かったのですが。
 
肩が入らず、体が開き気味でボールがつかまったと思われます。

 
ウェッジ感覚で打ってみましたが、それでも左。
 
まだまだ改善しないといけません。
 

 
振った感じが知りたかったので、球数は抑えてFUBUKIは終了。
 
 
次はディアマナの新製品、Bシリーズ60S。
ヘッドはキャロウェイの遼くんモデル。

 
 
ワッグルしてみると、FUBUKIよりも少なめのしなり。
 
素振りの感覚では、しなりが均一で、全体調子。
 
打ってみると、そこそこナイスショット。 
 
ヘッドスピードが43。
 
230ヤード。
 
ここまでの合計時間が5分程度。
数回しか振ってませんから、相性がいいのかもしれません。
 
 
今使っている6Z08(R)よりも、気持ちしっかりしていて、戻りが早め。
 
全長に渡って、しなやかな感じがしました。

 

最後に、MIYAZAKIのKENA、INDIGO(S)。
ヘッドはスリクソンZ725。
 
ワッグルしてみると、3本の中では一番手元に近い部分がしなるような感じ。
 
振ってみても同じ。
 
先端がしっかりしているってことなんでしょうか。
 
打ってみると・・・1本目と同じようなチーピン。
 
2球目も同じ。
ヘッドに当たっている箇所は問題なく、打感も良いのですが。 

 
最後にしっかりと素振りもしてみましたが、やはり手元側がしなります。
 
カタログで数値を見ると69gもあって、結構ハードなスペックですが、振った感じは硬くありませんでした。 

 
こうしたところは不思議です。
 

 
わずか10分の試打を終えてみて、体が暖まっていなかったにも関わらず、FUBUKIはやわらかく感じました。
タイミングが合うなら良さそうです。
 
次にやわらかく思えたのがMIYAZAKI。


B60は、全体が均一にしなるような感じだったので、やわらかいというより、しなやか。
 
私のヘッドスピードは普段42-44m/sですが、気持よく振りきれました。
 
重量が問題にならないなら、70Sも打ちたいくらい。
 
ちょっとつかまりが抑えられているシャフトの方が、相性はいいようでした。
 

 
現時点で購入するなら、B60です。
 
振りぬきが良くて、しなり戻りのタイミングもバッチリ。

confident
 

 
 

 
ヘッドスピードや重量のような数値データは参考までにして、実際に振ってみて気持ち良いもの。
 
これが自分に合っている道具のようです。 
 

来週以降に機会があれば、70g台を中心に試打してみます。
 
短尺ドライバーには、その方が合うかも。

shine
 
 


  

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

« ドライバーの鉛調整 | トップページ | アイアン発送 »

ゴルフ」カテゴリの記事