« ようやく決まりました | トップページ | FUBUKI 試打 »

2013年2月24日 (日)

ドライバーの鉛調整

人気ブログランキングへ

 

 

 

ついこの間、正月を迎えたような気がしていましたが、3月が目の前。

いまがピークを迎えた積雪も、2月下旬を過ぎれば徐々に減ります。

あとしばらく辛抱すると気温も上がるでしょう。

 

でも、今日は最高気温が-5度予想。
真冬の寒さ。

雪も降ってます。snow

こんな日は、大人しくウッドのシャフトを考えるのに最適。
confident

 
 
 
 

アイアンのシャフトを決めて、リシャフトをお願いするショップが決まりました。

まだ、いつ発送できるかわかりません。

受付してもらえるのは3月だと思います。


 

変わるのが決まっているシャフトで練習するのも何だか気が進まないところ。

 

さりとて、練習はしておきたいので、影響の少なさそうなPWを使います。

短い番手で打つとコントロールしやすいし、ヘッドの向きもわかりやすい。

重さがあるのでゆったりとスィングしやすい。


 
 

同じ番手を繰り返し打っていると、どんな日でも当たるようになってきます。

実戦的ではありませんけど、そうした練習で見えてくることもあります。

脇を締めるとか、コックを入れるとか、良い癖をつけるために反復練習。
良いイメージが固まるように。

打感が良いので、打つこと自体が気持ち良く、繰り返すことが苦になりません。

これは、大切なことかと思います。

 

PWを振る合間に、ドライバーやUTを手にすることもあります。

 

35.375インチ、470gのピッチングウェッジ。 CallawayForged DGS300
40インチ、353gの19度3UT。 AdamsIDEA SuperS MatrixKUJOH75(R)
43.25インチ、309gのドライバー。 PING G10 ROMBAX 6Z08(R)

 

ドライバーが一際軽い。

 

UTのシャフトはトルクが4.9あって、かなり柔らかく感じます。

振った感じは、UTが一番軽いように思えます。

おそらく、シャフトが柔らかいことが影響しているのでしょう。

フェースも開き気味に当たります。

 

これを一貫性のあるセッティングにして、シーズンを迎えるつもりです。

 

ドライバーは、もともと45インチだったものをシャフトカットしたときに、鉛をヘッドに貼って調整しました。

ヘッド重量は、196から201gへ。

これで昨シーズンはラウンドしました。

時折逆玉のスライスが出たのは、軽すぎたことが原因かもしれません。

 

数値というのは、目安としてわかりやすいです。
でも、見た目と振った感覚を大切にして、同じスィングで打てるクラブにしたい。

 

スィングが良い意味で安定してきた今なら、冷静に判断できそうです。



 

PWを振って、ドライバーを振ります。
これを繰り返してから、ヘッドに鉛を貼ります。
場所を考えながら、2枚追加。

これで、ヘッド重量は205g少々。



 

いざ、振ってみますと・・・

 
 
 

別物になりました。shine

 
 

ヘッドの位置がわかりやすい。

シャフトのしなりが少し増して、振りぬき感がアップ。

タイミングが取りやすく、PWとほぼ同じタイミングでヘッドが戻ってきているような感覚。


 

総重量は314g。

 

 
 

軽ければ軽いほど早く振れますが、それだけではダメなんですね。

 

アイアンとウェッジのリシャフトが終わってから、改めて鉛調整をしたいと思います。

弾道を確認して違和感が無ければ、ドライバーは今のまま使えるかもしれません。

 

あとはUT。

かなり柔らかいシャフトです。
これ以上しなっても困るので、ヘッドの鉛調整は使えません。

 

アイアンに合わせてリシャフトかな・・・
catface

 


 
 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

« ようやく決まりました | トップページ | FUBUKI 試打 »

ゴルフ」カテゴリの記事