« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

レガシーブラック アイアン

人気ブログランキングへ

 

 

 

吹雪と快晴の繰り返しが続く、今日の札幌。
 
快晴だけで結構です。
 
 
ついこの間、正月だったような気がしますが、いつの間にか2月目前。
 
季節は大寒です。
 
つまり、春が近づいているんです。
 
 
 
 
シーズンが始まる前に、たまには外で練習しないと・・・
 
気合で寒さをしのいで・・・
 
 
そう思って、昨日は練習へ行ってきました。 
 
 
気温マイナス8度。
 
 
 

上はフリース、下はテニス用ウォームアップ。

その下はスキー用のアンダーウェア上下。

防寒対策は万全。

でも、右手が・・・
 
素手のまま外気に晒し続けるのは、厳しすぎます。

 
 
クラブを替える度に、ジェットヒーターの前でグリップを温めて、ついでに右手も。
 
 
新しく手に入れたキャロウェイフォージドウェッジは、とても良かったです。
 
 
シャフトはDGのS300。
打感も最高。
 
重さがあるので、テークバックもダウンもタイミングがとりやすい。

 
アーリーコックだと、重量を感じません。
 
スィング改造が上手く機能してる手応え。
 
嬉しいですね。

 
 
この日は5年前にリシャフトして、使えなかったKsTOURを挿したX-16Proの4Iも打ってみました。
 
4Iながら、430gの重量。
 
当時は全く打てなかった番手です。
 
フェースをセットし、脇を締めて、コックをしっかりと入れながらテークバック。
 
コックをそのままにして、フェース向きとプレーンを感じながら、ダウン。
 
打ち出しはまっすぐ、低めの弾道で、落ち際から少し強めのフック。


昨シーズン使っていたS57は、405g、NSPro950GHWFです。
いきなり、こんなアイアンが打てるわけありません。
 
でも、距離はそこそこ、あたりも芯に近い手応え。
 
重さを感じないのは、ウェッジと同じ。
 
インパクトでは、シャフトのしなりも良くわかります。
 
タイミングの取りやすさを感じました。
 
 
 
打ち方一つでここまでクラブの印象が変わるとは、驚きです。
 
 
 
しばらくウェッジ中心に練習したところで、新しい道具を打つことに。
 
 
 
 
これです。
 
 
 

0127
 
 
 
 

  
キャロウェイ レガシーブラックアイアン。
 
 
 
 
今年に入って、5I-PWを購入。
 
 
 
決めては、やはり顔。
 
ウェッジが最高に良かったので、アイアン候補の中から同じキャロウェイを選択。
 
 
見た目のつながりが良いのは安心感があります。
 
 

 
ウェッジは、軟鉄鍛造らしい、厚みがあるインパクト。
 
アイアンは、メダリオンが振動を吸収してくれ、軽めの乾いたインパクト。
 
どちらの打感も非常に良い。

 
アイアンのシャフトはGS95。
 
走りすぎず、粘りすぎず、しなりが素直で飛距離が出ます。
 
いいシャフトですね。
 
 
一つ気になるのは、重量差。
 
PWが435g。
52度のウェッジが475g。
 
長さは数ミリの違いしか無いので、総重量は近づけたいところです。
 

ウェッジを打ったあとにアイアンを持つと、打ち急ぎが出ます。
 
うーん。
 
悩ましい。
 
 
手っ取り早いのはリシャフトですが、どちらに合わせるか。
 
 
夏、18Hをスルーで歩きのラウンドと、春秋のカートを使ったラウンドだと、使う体力は3倍くらい違いそう。
 


結局は、ラウンドで試してみないとわからない部分もありますが・・・

 
 
 
これは良い! と思う道具に出会えたわけですから、シャフトも統一してしっかり練習したいところ。
 
なにせ、練習で打っていて楽しいなんて、初めてです。

特に、ウェッジは最高!! 
 

 
 
ウェッジについていたクロスラインラバーも好感触。
 
ここ2シーズン使っていたツアーベルベットコードより、少し太め。
 

 
ここは一つ、来季のために、シャフトとグリップをじっくり検討します。
 

 

道具を選ぶって楽しいですね。
 

 



 
 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

2013年1月19日 (土)

肩こりの解消方法

人気ブログランキングへ

 

 

全豪オープンテニス、錦織選手が活躍してます。

昨年に続いて3回戦進出。

伊達選手は最年長でのシングルス勝利、そして2回戦も勝利。

日本のテニス界にとっては、当たり年になりそうな出だしです。

 
 


 

挑戦する気持ちを持ち続けるだけでも、普通の人には難しいことです。

さらにその先にある結果を出せるというのは、本当にすごい。 

 

年齢を重ねると、新しいこと、辛いことに向き合えなくなっていきます。
気力、体力が落ちて、経験だけが増えていくと、実行前に結果を考えてしまいがち。
慣れている(楽な)方向へ、つい、逃げてしまう。

 

少しでも楽な方を選びたくなってしまうんですよね。

 

しかし、ベテランの伊達選手は、真っ向から挑戦を続けて、それを楽しんでいるようです。

 

応援したくなります。
shine

 
 
 
 

石川選手のPGAツアーも始まりました。
スポンサー契約も一新したことですし、心機一転で良い成績が残せるといいなあ。

ゴルフの方も当たり年になりますように。

 

 
 
 
 

12月の大雪以来、雪かきの疲れが左肩に残っていました。
雪かきで疲れているところへ、練習の調子が良いものだから、ついつい無理を重ねてしまいました。
毎日のように雪かきと練習。

練習を休むと楽になりますが、動くと痛みが走ります。

いろいろとストレッチを試してみましたが、痛みが消えずに困っていました。

こうした肩こりは、かつて無いことでした。


 

年齢のせいもあるでしょうし、諦めるしかないと思っていたところ、症状が劇的に緩和!

 
 

同じような肩こりの痛みを抱える方に試して頂きたいのは・・・

 
 
 
 

肩を思い切り回す!

 

 
 

思いっきり、というのが大切です。

私は両肘を軽く曲げて、両腕一度に回します。

肩甲骨がグリグリ言うくらい。

 

およそ30回ほど。

 

どちらかと言えば、内から外へ回す方が効果的。

 

こうすると、首から背中へかけて凝っていた僧帽筋に血流が戻るような感じです。

そのあとで、首を大きくゆっくりと回します。

これも、左右合わせて10回ほど。
念入りに。

準備運動はもちろん、動いたあとのストレッチと一緒にやると、一層効果があります。

 
 

これだけで、左肩から首筋へかけての痛みが無くなりました。


 

肩こりには、ストレッチや揉みほぐしだけが効くと思っていました。
でも、凝っている部分を大きく動かしてあげると血行が良くなるみたいです。
適度に動かす方がいいんですね。

 

テニスをやっていた頃は、肩こりが全くありませんでした。
考えてみると、テニスの動きは肩を大きく回す動きの連続です。
それが、知らないうちに肩の凝りを防いでいたとは。 

そのかわり肘はボロボロになりましたけど・・・

catface



 

機会があれば、痛みが消えない肩こりに試してみてください。
happy01



 

 
 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

2013年1月13日 (日)

キャロウェイ フォージドウェッジ

人気ブログランキングへ

 

 

今冬は、記録的な寒さが続いているようです。
ほんと、毎日寒い。
 
北海道の一部地域では、-30度前後が1週間も続くという厳寒!
 
 
札幌でも、年初からの真冬日が続いてます。
 
中途半端に寒さが緩むと、道路状態が悪くなったりしますからね。
スケートリンクみたいなことになるよりは、この方がいいかもしれません。
 
降雪も落ち着いてくれました。
今年になってからは、ほとんど雪かきをしていません。

このまま春が来てくれないかと、本気で思うこの頃です。
 
 

 

 
石川遼選手はキャロウェイと契約しました。
PGAツアーが始まり、そして本格参戦の年ですね。
 
ボールだけはダンロップ(スリクソン)のまま。
ビジェイ・シンやジム・フューリクも使っています。
相性がいいのでしょうね。
 
用具契約も高額ですが、ボール契約だけで年2億というのは驚きました。

これだけ大きな金額になると、メジャーチャンピオンでも簡単には結べない契約。
タイガーやマキロイ、ミケルソンなどに次ぐクラス。
 
今後数年は記憶に残るより、記録に残る結果を問われそうです。

なんだか心配になるのは自分だけでしょうか。
冷静に見ると、世界的には中堅クラスの実力かな、と思います。
 
今シーズン末に30位以内なら、最高だと思うんですが。
ついつい大きな期待をしてしまいます。
 
応援してますよ! 石川選手!
 
 
 
 
 
 
お正月気分も一掃された今週。
年末に注文したウェッジが届きました。
 
考え抜いた末に選んだのは、キャロウェイフォージド。
 
 
早速打ってみました。
 
シャフトはDGのS200。
今がNS950WFですから、30g違います。
それなのに、ずいぶん打ちやすい感じ。
 
重さがあるので、バックスィングのテンポがちょうど良くなるんですね。
 
打感は最高です。
今のピンWJウェッジより、はっきりと柔らかい。
ボールリフティングをしてみた時にわかりました。
打ってみると、より明らか。


ソール幅も少し広めで、フェースも大きめ。
安心して打てるイメージが湧きますね。
 
実際に比べると、こうなります。
 

 

0113

 
 
 
 
ちょっと写真だと分かりづらいですかね。
 
実際に見ると、はっきりわかるくらい大きさが違います。
 
顔の良さも特筆ものでした。
ストレートに近いリーディングエッジなので、構えやすい。

メーカーサイトを含め、画像で見るよりずっと安心感のある顔です。  

 

 
軟鉄、フォージド。
自分の腕前で違いがわかるわけないし、影響無いと思っていました。
 
でも、9年目にして使ってみたところですね、
 
これは・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

 
最高です。

shine
 
 

 
 
 
 
 
 
なんでもっと早く使わなかったのか。
後悔と喜びが綯交ぜの、複雑な気分。
 

 
打感の良さが気持ち良さにつながります。
それが楽しさになり、安心感にも通じるようです。
繰り返し打ち続けることで、安心感が少しずつ増していきます。
 
やっぱり、試してみないとわからないもんですね。
 
皆がイイというものには、やっぱりワケがあるんだと再認識しました。
 
 
あまりに気持ち良かったので、アイアンもこの流れで買うことになりそうです。
 

練習が楽しいっていいな。
 

 


 
 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

2013年1月 5日 (土)

水切りホールインワン!

人気ブログランキングへ


 


新年、あけましておめでとうございます。
ここ数日、札幌周辺は雪があまり降らずに、わりと穏やかな日が続きました。
 
関東以南なら、新春ラウンドなんていう方もいるんでしょうね。
 
なにはともあれ、
今年も健康に過ごせますように!
 

 



大晦日のTV番組で、横峯さくら選手が水切りショットでホールインワン挑戦、という企画がありました。
 
年に100ラウンドしていても、40年に1回出るかどうかというホールインワン。
 
 
それを水切りショットで・・・・

 
 
ありえないでしょ?
 
 
 
マスターズでは、水切りショットコンテストなるものがあるようです。
 
でも、通常ならプロ・アマ問わず、水切りショットなんて意図的に打つことはありません。

 
だって、池に入れたら即1打罰。
 
 
絶対避けるべきハザードですから。
 
 

 
 
横峯選手も、当然のことながら初の試みとか。 

 
 
100球までという条件で、水切りショットを始めました。
距離は120ヤード弱。
そのうち、手前90ヤードが池です。
 
いざ、チャレンジスタート。
 

池の手前、左足下がりのラフから打ち込みます。
低空飛行のボールは、水面で2バウンドしてから、グリーン手前の上り勾配で止まりました。
 
20球ほどは、グリーンまで届かず。
しかし、それだけの球数でコツを掴んでからは、安定したショットでグリーンに乗っていました。
 
5Iから8Iまで使って、どの番手でも高さ1メートルの低空ボールで水切りショット。
 
これだけでも、十分に神業ですが・・・
 

 
70球あたりで、6Iでキャリー90ヤード、水切り1回で土手に当ててオンする作戦にしぼりました。
 
そのあたりの感性は、トッププロだけが持つ領域なんでしょうね。
 
 
ピンに絡むショットがいくつか続いた後で、ついに!
 
 
89球目でした。
 
 
 
狙い通りに水切り1回で池越えしたボールはグリーン手前の土手に当たり、グリーンオン。
そのままピンへ向かって転がり続け・・・
 
 

ホールイン! その映像がこちら
 

 
 
あんまり簡単に達成してしまったので、拍子抜けするほど。
 
たった89球って。
 
 
一般のゴルファーなら、普通に打っても100万球くらいかかりそうですがね。 
 
 
 
この映像、結局見たのは元旦でした。
 
 
正月早々、とてもいいものを見せてもらってありがとう!
 
  
 
 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »