« 影法師 | トップページ | 大晦日 »

2012年12月23日 (日)

L.E.D 試打

人気ブログランキングへ


 

先週の段階で、例年の2月下旬を超えてしまった札幌の積雪。

積雪量の一番多い季節が、2月下旬ですから・・・

 
 

もう、雪いらんだろ!

 
 

と、文句の一つも言いたくなります。

まだ12月ですよ。
道路も連日のように大渋滞。

 
 
 

でも、昨シーズンのように、2月に入ってから好天が続くこともあり得る。

それを期待しましょう。

 
 
 

連休を利用して、試打クラブを2種類レンタル。

打って来ました。

幸い、好天に恵まれ快晴の一日。

 

いつもいろいろなサイトでお世話になっているので、拙い画像ですが、アップしておきます。

 

左がL.E.D、右がレガシーブラック。

PW 

1223_1

1223_2

 
 
 

少しですが、レガシーの方がソール巾は広いかな。

ほとんど同じですね。

 
 
 

7I

1223_3

1223_4

 
 
 

こちらはL.E.Dのソールが広め。

リーディングエッジはどちらも削られてます。


 
 
 

L.E.Dはトゥ側の丸みが大きい。

これは好みでしょう。

 
 
 

個人的は、バックフェイスのキャビティ部分が気になりました。

5、6Iは、しっかりと目に入ります。

7Iでギリギリ。

 
 

L.E.Dはキャビティに丸みがあるので、真っ直ぐなスコアラインと調和していないようにも見えます。

このへんは慣れの問題ですかね。

 

 
 

S57と比較しながら、短い番手から打ってみました。

 

飛距離
L.E.D > レガシーブラック > S57

ロフトはL.E.Dが立ってますので、その分飛んでました。

夏なら、7Iで160ヤード近く飛びそう。
レガシーブラックとS57はロフトが同じ。 
飛距離も同じくらいですが、ミスヒットに強い分、レガシーが飛んでるようです。

 

 

やさしさ
L.E.D > レガシーブラック > S57

L.E.Dは曲げようとしても、フェードで収まる感じ。
捕まりがいいです。
プロギアのサイトでは、L.E.Dはアベレージ向けということになっています。
そのとおり、ミスヒットには一番強いようでした。

球の上がり方は、S57だけが低めでした。

レガシーはやさしさもありますが、曲げようと思えばしっかりと曲がります。
S57より曲げやすいくらい。
でも上がりやすさは1番でした。

 
 

 
 

打感
レガシーブラック = L.E.D > S57

レガシーの打感は軽めですが、爽快な打ち抜き感があります。
振動減衰性が高いのか、ミスヒットしても手にやさしい感じ。

ミズノのような打感とは違いますが、とても魅力的でした。

L.E.Dは軟鉄そのもの。
手に残る重さが気持ちいい。
レガシーブラックより少し厚みのある、しっかりとした打感。
甲乙つけがたいです。

S57は問題なく良い打感だと思いますが、打ち比べると少々落ちるのは否めませんでした。

他の2種よりも、ミスヒットの振動が大きめ。

 
 

こうして書くとL.E.Dが一番良さそうに見えますが、構えた感じはレガシーの方がしっくり来ました。

どちらかと言えば、ずっと使っているS57に近い顔つきなのが安心感になっているのだと思います。

L.E.Dはバックフェイスのキャビティが目についてしまいました。

一番易しくて、打感もいいのに。

惜しい・・・

 
 

シャフトとグリップを自分のものと同じにしたなら、もっとしっくり来ると思います。
それならどちらを選んでも良さそうに思えますが、これだ!というところまで辿り着かないような・・・


 

 

あとは、PINGのANSER2013は打っておきたいところです。

ROCKET BLADEZも。


 
 

アイアンは進化していないなんて意見もありますが、少しずついいものになってますよね。
実際に打ち比べてみて、そう思いました。

フェイスの大きさや重量、シャフトはほとんど同じでも、新しいものほど打ち損じに強くなってます。
全体的にやさしくなっているんでしょうね。

 

近いうちに、またレンタルしてみようと思います。

 

 



いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

1007

 
 
 
 
 
 

|

« 影法師 | トップページ | 大晦日 »

ゴルフ」カテゴリの記事