« ダウンブローかも | トップページ | L.E.D アイアン »

2012年11月17日 (土)

MP-53 試打

人気ブログランキングへ

 

 
 

冬が間近になってきた感のある札幌。
今日は冷たい雨が降っています。
明日はとうとう雪になりそう・・・

寒い季節は読書が一番。 

 

催眠(上下巻)
ラーシュ・ケプレル 著


 

ミレニアムに匹敵するというような評価もあったので、期待しておりました。
読んでみると、謎解きに意外性があってなかなかおもしろい。

 

でも、ミレニアムと比較にはなりません。
まあ、標準点はクリアしていると思われます。

そのあとに陰陽師の最新刊を読みましたが、そちらの方が楽しめたかも。

たくさん読むと、ハズレもあります。
今回はハズレとは言えませんが、期待が大きかったので失望感もありました。
先入観無しで読むべきでした。

 

  

ゴルフクラブも同じですね。

先入観はいけません。

  

「これは評判の良いクラブだから、きっと気持ちよく打てるはず」

 

という思いが選別する目を曇らせます。

 

そうならないように・・・

検討中のアイアンを冷静に選びたいので、レンタルクラブシステムを使ってみました。

MIZUNOのオフィシャルサイトで申し込みをして、昨日届いたのがMP-53とMP CLK。

 

雨の中、たっぷり打ち込んできました。

 

比較するために、今使っているS57とほぼ同じスペックのクラブを借用。

持っていったのは、X-14ProのPW、S57を数本、MP-53の4-PW。

長さは同じ。
重量もほとんど差はなし。

風はほとんど無かったので、雨は降っていても球筋確認は問題なし。

 

50度でウォーミングアップをして、S57のPWから。
シャフトはNS950GHWF(R)。

丁度100ヤード手前付近に着弾。
コースなら110-115ヤード付近になると思います。 
丁度1年使ってきたアイアンですから、全く問題なし。

次にX-14Pro。シャフトはDGSL(R300)。
久しぶりに打ちました。
やっぱり易しい。俗にいう棒球系。
少々芯を外しても、100ヤードを越えたあたりに着弾。
多少、左へ出やすいかも。

そして、お待ちかねのMP-53。NS950GH(S)。
しっかりとスピンがかかっているような弾道で、100ヤードぴったり。
芯を外すと、少しピリッとした感触が手に残ります。
しっかり打てると、確かに素晴らしい打感です。
構えた感じでは、S57よりフェイスが大きく見えます。

 

次に、S57の7I。
そして、MP-53の7I。

S57の5I、MP-53の5Iと、打っていきます。

 

一通り打ってみて・・・

 

MP-53の方がミスになりにくい。
S57よりやさしい。

MPとはいえ5-7Iはポケキャビなので、予想の範囲内でした。
5Iを見比べると、フェイスの大きさがはっきり違います。
スコアラインの長さが4mmほども違う。
数値にするとわかりにくいかもしれませんが、実際に構えてみると全く違います。
MP-53の方が大きい。
視覚的に安心感があります。

ロフトは同じですが、飛距離はMP-53が上でした。
ミスしたときのロスが小さい分だと思います。
ナイスショットで2-3ヤード差。

8-PWも意外にやさしい。
正直言ってガッカリ・・・というか驚いたのは、PWでもミスの許容範囲はMP-53が上だったこと。
フェイス長、クラブ重量、シャフト重量など、殆ど同じ。
でも、ミスに強いのはMP-53。
ずっと使っている自分のアイアンより、今日初めて手にしたアイアンの方がミスが少ないなんて・・・

しかも、すこーしではありますが、飛距離もMPの方が出てました。

 

MP CLKも一応書いておきますと、これはG10UTのやさしさが完勝。

比べることで、S57の性格を再認識できたかも。
シャフトがやさしいからなんとかなってますが、それなりに気難しいですな。

 

うーん。

ちょっとショック。

 
 

複雑な気分のまま、帰宅前にショップへ寄って他のアイアンも一通り見てみました。
WEBもいいけど、実物でチェックしないとね。

 

レガシーブラックや、PINGのANSERを構えてみたり、実際に試打したり。

来季モデルのANSERアイアン、いいですね!
見た目すっきりと、やさしく打てる。

打感は少々軽めですけど、すごく柔らか!
今まで試打してきたアイアンの中で最高ランク。

これは悩ましい。

 

打つんじゃなかった。
欲しくなるじゃありませんか。

 

打感が良くて見た目が良くて、しかもやさしいなんて・・・

 

あぁ、困った困った。

 

あまり真剣にならないよう、ウェッジのコーナーで頭を冷やすことに。


 

ほぼ全てを手にとって見てみました。
その中で、今まで興味を持ったことも無かったテーラーメイドのウェッジが、よさそうな顔つき。

思いがけない発見。

ちょっと幅広のソールと相まって、やさしそうな表情。

 

 

うーん。

これは参った。

 
 
 

見るんじゃなかったというか、見て良かったというか・・・

 
 

楽し苦しい複雑な気持ち。
catface



 

 
 



いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 
 

|

« ダウンブローかも | トップページ | L.E.D アイアン »

ゴルフ」カテゴリの記事