« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

札幌ベイ

人気ブログランキングへ

 

 

女子レスリングで吉田選手が金字塔。
世界選手権、五輪を合わせて13連覇。

人類最強と謳われた、あのカレリンが打ち立てた12連覇超え。

凄い人です。

しかも、今回は全試合フォール勝ち!!
というオマケつき。

 

 

そして今日、ヤンキースの黒田投手が15勝目を手にしました。
防御率も3点台前半。
ダルビッシュに劣らない活躍で、ヤンキースの原動力です。

ワールドシリーズ、イチローと一緒にチャンピオンまで行って欲しいですね。 

久しぶりに、活字のニュースに胸が踊りました。

 
 

 

北海道では、9月に入ってからずっと続いていた残暑が、ようやく終わったようです。

まだ暑さの名残がある先週末、札幌ベイでラウンドしてきました。

0929

ゴルフ初心者の頃に行って、池へ7つも打ち込んだ記憶が・・・

 
 

今回は、1つで済みました。

左右が池、もしくはOBなど、見た目にプレッシャーのかかるホールがいくつか。
ほとんどのホールで片側に池が広がり、なかなか手強い。
前回、ゴルフデビュー後2年目のラウンドで酷い目にあった仇を打ちたくて、前半は力みまくり。 
すっかり自滅。

後半はスコア狙いできなくなったのが幸いして、チェックポイントの確認に専念。
それなりの内容で、まとまってくれました。
なんで最初からできないかなー・・・

平坦に見えて、グリーン周りは意外と難しいアンジュレーションがつけてあります。
落とし所にはマウンドやバンカーもしっかり配置されていて、ウオーターハザードに気を取られていると、小さな落とし穴が沢山。
難しいのに面白いコースでした。
さすがピート・ダイ設計。
機会があれば、是非また行きたい。


 

一応、ラウンド内容を反省してみると・・・

 

パー8、ボギー3、ダボ7。

 

いくらなんでもダボ7はひどいです。
池に入れたのは1発だけでしたから、他はいわゆる素ダボ。

ティーショットはフェアウェイでも、アプローチが寄らず、1メートル前後のパットが入らず、歯止めが効かず。

最近はパットの調子が上向いていたので、油断もありました。
ショット同様に右脇を締めてみたら、これがハマって、ここ数ラウンドは3パット激減。
方向性が格段に良くなりました。
でも、距離感が合わないとね。

こういう時、ショートゲームは本当に大切だと、改めて実感。
これからの練習は、ウェッジの量を増やさないと。

  

スコアは平凡(47、42)でしたが、年に一度あるかないかの最高の天気に恵まれて、楽しいラウンドでした。

次回は、今シーズン最後のラウンド。
札幌GC由仁コース。

楽しみです。

 
 

 




いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 
 

|

2012年9月23日 (日)

練習ラウンド 2

人気ブログランキングへ

 

 

秋の練習ラウンド2回目。
シャトレーゼ マサリカップ。
 
 
前日に練習場で気がついたチェックポイントを試してみました。
 
 
これが見事に・・・
 
 
 
 
 
 
 
ハズレ!
 
 
 
 
 
 
 
UTで連続シャンク。
おまけにチョロの3連発。
 
コースでは全く使えないことが判明。

 
 
3ホール試して全くダメ。
 
 
元へ戻すと、なんとかボールも浮きました。
 
 
うーん。
恐ろしい。
 
練習場では、とても良い感じだったのに。
 
 
 
 
この日は、前回と同じくスコアを付けずに1.5ラウンド。
 
 
左肩を前へ押していくようにテークバックすること。
新たな試みの中で、これは上手く機能しました。
 
 
体軸を意識して捻るより、肩が入りやすく、ブレも少ない。
 
 

 
前はちょくちょく出ていた引っ掛けがほとんど出なくなり、ティーショットはまずまず。
 
 
意図しないような逆玉が出ないラウンドでした。 
 
脇の締りが自然にできるような段階に入ってきたので、肩が入ることと、右手のコックがもっと自然になれば・・・

 
 
疲れてくると、無意識に楽をしようとするためでしょう、肩の入りが浅く、コックも浅くなりがち。

それがスライスになり、ひっかけにもなります。
前傾が浅くなって、あおり打ちにも。
 
 
右脇が締まったまま左肩を押して、脱力した右手のコックがしっかり入ると、そうした点が補正されるようです。
 
 
ラウンドで確認できると自信につながるので、余計な事を考えずにスィングできるようになれますね。
 
 

フルスィングの形と結果が連動して良くなってきたので、追加ハーフではアプローチとパターの方向性を重点的にチェック。
 
 
短い番手で左に引っ掛けやすいのは仕方ないです。
しかし、ピンから50ヤード以内ではピンを真っ直ぐ狙いたい。
 
最初から左へ出るのは気持ち悪くて仕方ない。
 
 
残り30ヤードなら、ヘッドがピンの右50センチへ向かうようにフォロースルー。
 
50ヤードなら1メートル。
 
これだと、もし引っ掛けても許容範囲に治まるかも。
 
 
 
バンカー以外は50度一本だったアプローチは、ライに応じて56度も使いました。
 
ランが出なくていい時は、やっぱり56度だと安心。
その反面、手前でピッタリ止まってしまうこともあり。

使い分けが大切かと。
 
球足が使える状況なら、やっぱり50度でピッチエンドランが楽です。
 
イメージも出しやすい。
失敗も少ない。
 
 
 

グリーンに乗ってからのパッティングでは、1メートル半以内が全て入るという、快挙!?
 
10回以上あったと思いますが、ノーミス。
 
自分にびっくり。 

こんなことは記憶に無い。

  
ショットに習って右脇を締めたのが功を奏したかも。
脇が締まって一体感が出ました。
  
結果、ターゲットへ向けて構えやすくなりました。
 
ゴルフを始めて以来、ずっとパッティングはショート気味だったのに、しっかりとオーバーするようヒットできてます。
 
 
構えをちょっと変えただけでこれほど変わるなんて・・・不思議です。
 
 
上達の道は、練習量に関係なく常に残されているなと。
 
 


 
休暇の最後は、難関コースの札幌ベイ。
 
幹事なので、完走だけ目指してラウンドするとしますか。
 

  
  
 
 




いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 
 

|

2012年9月15日 (土)

2ピースボール その後の感想

人気ブログランキングへ

 

 

今週末から、少々長い休暇期間。
 
ラウンド予定も3回ほど。
 
 
初回はシャトレーゼCC。
大きく打ち上げるか、打ち下ろすか、というような山岳コース。
距離の判断が難しかった。
 
2年ほど前に行ったときには大叩き。
 
今回は2サムの練習ラウンドで、スコアを記録しないで回りました。
練習で気づいたポイントがどの程度身についたか、コース上で確認することを目的に。
 
この日は快晴。
風も弱めで、かなりの暑さ。


 
北1番ホール
20ヤード近い打ち下ろし。
左OBで、正面は240-250ヤードで突き抜けます。
フェアウェイセンターに大きな木もあって、簡単とは言えないホール。
以前のラウンドでは、ナイスショットで正面突き抜け、OBでした。   
今回は、ドライバーを短く握って、きっちり230ヤードに。
狙い通りに仇を討ちました。
 
このあと、全27ホールを終えて、力が入ってミスしたOBが1つ出ましたが・・・ティーショットは、概ねOKかと。
 
しかしながら・・・
 
やっぱりアプローチとパットに尽きますね。
 


ショットの安心感が増したのは、とても嬉しい。
上達の実感があります。

でも、スコアがまとまるかどうかは、ショートゲームの出来次第。
緊張感の問題かもしれませんが・・・
グリーンの周囲30ヤード以内で少々問題がありました。

このエリアでミスを減らせるかどうか。
今後の課題であり、ステップアップに絶対必要です。
 
でも、ピンに向かってボールが真っ直ぐ飛んでいくのは、見ていて気持ちいいですね。
自分はティーショットが飛ぶより、アイアンがピンに絡んでくれる飛球線を見るのが好きです。
 
本当に気持ちいい。
ゴルフをやってて良かった。
 
途中で諦めていたら、この瞬間も味わえなかったわけで・・・
 
続けるだけでも意味がありました。

 
工夫しだいで早い上達もあると思いますが、自分の考えた方法で無駄打ちしながら進んでいくというのも、悪くありません。
 

 
またラウンドしたいな、と思えるうちは続けたいですね。
 
 
 
 
今シーズン、ショットの変化もありましたけど、道具もいろいろ変えました。
 
使ってみて、改めて良かったものを紹介します。
 
 
その一つがボール。
 
 
昨年までは、スピン量の多いプロボールを中心に使っていました。
 
違いもわからずに、X-01MILD、Z-Star、ProV1-xなど。
 
今使っているのは、TOURSTAGEのS100。
2ピースボール。
 
打感が柔らかく、飛距離も出ます。
スピン量も適度にあるので、止まり過ぎず、転がり過ぎず。
 
ディスタンス系ボールなので、ドライバーの曲がりが少ない。
その上、ランが出るので平均飛距離はアップ。
 
パッティングのフィーリングも、高級ボールと変わらない。
 
いいことずくめ。
 
自分くらいの腕前だと、こういうボールの方が多くのメリットを享受できるようです。
 
カバーの強度もかなりのもの。
 
1球200円程度で、コストパフォーマンスは最高です。
 

数年前に使ったことのある2ピースに比べて、かなりの進化が感じられますね。
一番変わった点は、やはり打感でしょうか。
 
ちょっと打感に難ありの印象があったディスタンス系2ピース。
 

今年使ったTitleistのNXT-TourとS100は、共に打感が最高です。
全く固くないし、かと言ってニューイングほど打感に乏しい柔らかさではない。
 
ブラインドテストをしたら、ProV1あたりと遜色ないのではないかと思われるほど。

自宅の小さなスペースでボールを打てるようにしてあり、コースで使ったボールを中心に100球ほど置いて、繰り返し打ってます。 
そのため、打感だけはそれなりにわかるようになりました。
8年も打ち続けてますから、まあそれなりに・・・

 
ボールの進化は凄いです。
 
平均スコアが80台半ば程度までなら、最新の2ピースボールは試してみるべきだと思います。

あ、ヘッドスピードも大切ですね。
40m/sをはっきり下回る方だと、ドライバーでドロップするかもしれません。
特に雨の日は、そうなる傾向が高いです。
そういう方には、スピン系ボールの恩恵がありそうです。
 
 
一度使ったら手放せないかもしれません。
財布にもやさしいですし。
 
 




いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

|

2012年9月 7日 (金)

北広島CC 東コース

人気ブログランキングへ

 

 

先週末の9/2に行ってきた北広島CC。

この日は、ここ数年無かったような出来事がいくつも起きてしまいました。

自分としてのスコア(46、42)は普通でしたが、内容は・・・

 

1番ホールのティーショットで、いきなりOB。
おはようバーディってのは聞いたことあるけど・・・
おはようOBは要りません。
朝一のOBは、過去数年、記憶にない。
引掛けて100ヤード先の木に当たって、そのまま左OBエリアへ入ったらしい。
当てに行ったのが裏目。

 

我慢を重ねて前半最終ホール。
2.5Mのパーパット。
入ればパーだ、なんとか43だ、と思って打ったのが強く入り、1.5Mオーバー。
それを入れてなんとかボギーだな、と打ったパットが1Mオーバー。
すっかり気持ちが切れてしまい、それを外したところで

 

「OK」

 
 

の声。

 

ありがとうございました。
この時は、正直言って、返しの30センチも自信無かったです。 

前半はこの2つでトリ。chick

 

後半も出だしでつまづきました。
第一打で隣のホール。
林が邪魔で、真横へ戻すだけ。
木の間を上手く抜けるも、これがバンカーへ・・・

確認くらいしないとね。
クラークCCでもやったよね、俺。

しくしくしく
残念。

 

このバンカーから池越えを狙うもチョロ。
幸い池の手前で止まったので、なんとかアプローチしますが・・・
グリーンをこぼれてしまいます。
ここから実質2パットでダボ。

ミスショット3回でダボなら、まいっか。
いやいや、ミス3回がダメでしょ。

 

そして、4パットに次ぐ残念ホールがやってきます。
320ヤードしかない、短いパー4。
左右が狭く、UTで打てばいいのに、ドライバーを力んでチョロ。
ここ2年くらい、ドライバーでチョロした記憶がないのに、1番に続いてここで出るか。

これをUTでグリーン前に運びます。
しかし、このホールは短いかわりにグリーンは花道がほとんどなし。

グリーン正面は深いバンカー。

これを超えるのに25ヤード。
アプローチは思ったとおりに30ヤードキャリー。
で、グリーンオーバー!?

この日のグリーンは、連日の猛暑でカチンコチン。

普段なら7Iでラン無しってことも珍しくないのに、PWで5ヤード転がる。
そのせいでグリーン上にキャリーすると、漏れ無くオーバー。
皆、その点を嘆いてました。
パットもすごく神経を使いました。

手前が深いガードバンカー。

奥に向かって下りのグリーンて・・・

そんなのがいくつもありましたよ。

難しかったです。

グリーン脇から残り12ヤード。
できれば1パット圏内に・・・・

と打ったボールがハーフトップ気味。
勢いなくトロトロとグリーンをこぼれて・・・ラフかな? 

 
 

おそるおそる近づいてみると

 

さっき越えたはずのバンカーではありませんか。
なぜグリーン往復してわざわざバンカー?
あぁ無情。

そこからのバンカーショットは気合が入りました。
ピン横1M。
4パットの記憶が過ぎるも、同じく気合で1パット。

 

バンカーから2打で上がれるなら、最初からそうなってくれー!

はぁ・・・

こうして思い出してもガッカリいたしますな。

 
 
 

朝一OB
短い距離で4パット
アプローチでグリーン往復、さらに復路でバンカーイン。

 

どれも、ここしばらくの記憶にないプレーばかり。

忍耐を試されたラウンドでした。
同組には100叩きが2人も出ました。

一人は平均スコアが80台前半。
80台後半さえあまり無いという上級者でしたが。

 

ゴルフっていうのは、こういうことが起きるもんです。
でも、それも含めてゴルフには惹かれるんですよね。


 

この日、一つだけ大きな収穫が。
右脇を締めてコックを入れるまでは、同じですが、その後・・・
フォワードスィングで右脇を絞るようなイメージでインからターゲット方向へボールを押し込む。
このイメージがとてもしっくり。

たまたま左が狭いホール。
多少フェードするといいな、と思ったのが幸いしたのか、そんな感じで打てました。

0902

 

練習でも再現できると、PWもDRも同じように飛びます。
どの番手も同じように打てる気がする。
 
次回のラウンドが、ちょっと楽しみです。


 


 
 



いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

|

2012年9月 1日 (土)

クラークCC

人気ブログランキングへ

 

 

札幌の残暑はまだまだ続きます。sunsun
 
一昨日、今夏の最高気温を記録。
33度近くあったらしい。
前日の雨も手伝って、湿度も高く・・・・・暑い!!

coldsweats02
 

 
この日だけは避けたかったのに、ラウンド予定が。
日頃の行いが、こんなところで報われました。

行いイイなー、自分。


 

 
「雨よりいい」
 

 
と言っていた方もいました。
 
 
でも、終わってみたら
 
 
 
 
「雨の方が良かった」

bomb
 
 
 
 
 
というくらい、過酷な日でした。
 
おまけにスルーで徒歩。
 
カートなし!!??
 
 
 
この日に?
 
 
 
本当?
 
 
 
  
みんな無事に帰ることができるのか・・・・
 
今年、30度超えの暑い日にラウンドしていなかった自分は、不安いっぱいでスタート。
 
 
ですが、

 
今回は初めてのコースだったので、楽しみにしていました。
 
 
 

0901
 
クラークCC
 

 
 
フェアウェイは少々狭め、左右はラフからすぐに崖、林というホールが多く、グリーンも砲台。
難しそう・・・ 


キャディーさんもベテランで、勉強になりました。
 
また来てみたい。
 
今度はもう少し涼しい日に・・・ 

 


 
 
 
ティーショットが飛ばなくても、手前から確実に。
ゴルフ王道とも言うべき攻略方法が、すべてのホールに必要でした。

ただ、ガードバンカーが結構深いです。

この日は、バンカーショットだけ、満点。

難易度の高い、背丈より深いバンカーも含めて、全部一発脱出。

砂イチなし・・・

 

 

前半50点でスコア狙いは終了したので、後半は、少し気持ちを入れ替えて練習ラウンド。

 
しかし、暑さで気持ちも体もゆるみがち。
 
そうなると、しっかり締めるべき右脇もゆるゆる。
疲れると、無意識に楽をしようとするもんですね。
 
 
気がついたときに修正できていたのは、まずまずかも。
 
 
 
終わってみれば、林に入れたホールは全て7とか8とか・・・
1打で出すこともできず、リカバリが難しかった。
 
 
楽しかったけど、90台も後半だと、やっぱり残念。
  
こういう厳しいコンディションの時に、実力がでますねー。
 
心技体の心が、特に未熟ですな。
 
 
 
今週末はもう一度ラウンドがあるので、平常心で楽しんで来ようと思います。

 
 
右脇とコック、体は開かず手首の脱力。
 
まだまだ、これだけに専念しないと。


 
 



いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »