« 来週は決勝戦が・・・ | トップページ | おそろし »

2012年7月 7日 (土)

十字屋敷のピエロ

人気ブログランキングへ

 
 
 
 
 

今週は、羽生さんが大山15世名人を抜く、81期目のタイトルを獲りました。
地味な話題かもしれませんが、実に偉大な記録ですね。
こうした鉄人の記録達成に、同時代に生きて立ち会えるというのは、一つの幸せと言えましょう。
年齢や実力からも、まだまだ記録は伸びていきそうです。
楽しみですね。

 

20年ぶりに読み返していた、真田太平記12巻を読み終わりました。
いやー、面白かった。
詳細はほとんど覚えていなかったため、思い切り楽しめました。
最近読んだ新作の中では、ミレニアムがダントツに素晴らしい作品でした。
しかし・・・
それに引けを取らない秀作だと思います。
名作、と言った方がよいですね。

その次に読むのは、何か軽いものがいいかと思い・・・

十字屋敷のピエロ
東野圭吾 著

0707

 

純粋なミステリーです。
さらっと読めて、出だしは平凡ですが、読み進むうちに面白さが増していき、謎解きの幕が幾重にも・・・・という一作。

 

7月に入って、札幌にもようやく真夏の日差しが訪れました。
暑いです。
先週末は、新千歳CCという山岳コースでラウンド。
セルフで、コースを知らないと、落とし所に迷うようなホールがいくつも。

前半にダブルパーを打ったホールもあり、スコアは平凡(45、43)でしたけど・・・

初めて1ラウンドにバーディを2つ!
これは嬉しかった。shine
大叩きがなければ、もっと良かった

体幹と腕を一体にしてスィング、という至上命題は、まだまだ実現途中。
練習では、とても良い感じです。
しかし、ラウンドでは無意識に良くない癖が顔をだしますね。

ドライバーをフェアウェイに置くだけ。
そう思って打ったコントロールショットのつもりがOBって・・・(涙)
打ち直しも同じところへ。(涙 ✕ 2)
なんとか最初の暫定球が生きてましたけど、そこからチョロ、次がグリーン横のラフで、都合6オン。
この1ホールが、今の自分を象徴しているようでした。
ミスが出ると脇が開いて、連鎖する。

そうかと思えば、バンカーはすべて良い感じ。
ソールできないことが、右脇を締めることと上手く連携するようでした。
緩まないから、脱出が容易。
腕に頼らないから、振り幅調整が楽。

ミスショットもナイスショットも、省みれば色々と勉強になるし、等価なんだなー。

同伴者のマナーも良く、ありがたいラウンドでした。
次回は7月中旬以降まで間を置いて、しっかり練習しておかないと。

 
 

 
 



いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

|

« 来週は決勝戦が・・・ | トップページ | おそろし »

書籍・雑誌」カテゴリの記事