« 2ピースボール | トップページ | サンパークでラウンド »

2012年5月25日 (金)

モダンゴルフの効用

人気ブログランキングへ

 
 
 

先日、モダンゴルフを読了しました。

わかっているような事柄でも、マスターの言葉は重みが違います。

 

グリップやアドレスから、すべてが参考になりました。

 

もっと早く読んでおくんだった・・・

でも、間に合ったという気も・・・

 

特に参考になったのは、アドレス時の肘の向き。

そして、上腕部をことさら強く胸につけておく、という点。

 

そうしたポイントを確認しながら、練習の中で再現性の高さに直結するのは何か、試行錯誤の毎日。

 

今のところは、右手コックをしっかりと入れて、右脇を強く締めること。

右上腕部は胸の前にあって、前腕部がプレーンをなぞること。

ほとんどが右腕です。

それほど、自分は右腕が疎かでした。

 

トップの収まりもイメージが明確になってきました。

 

自分のなかでは、こんな感じ。

 

0525  

すごいですよね。

 

特に、右腕の位置。

ここまで締まっているプロは見たことがありません。

 

そして低めのトップ。

この写真はダウンに入っていますけど・・・

 

真似をしてみると、よりわかりやすい。

本当に、参考になります。

 

今までの間違ったスィングを正しいものにするまで、このイメージを繰り返しトレースしてみようと思います。

fuji

 

上半身のチェックから、下半身リードのチェックまでたどり着けるように。

 

練習が、少し楽しくなったかも。

shine

 

 


いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

|

« 2ピースボール | トップページ | サンパークでラウンド »

ゴルフ」カテゴリの記事