« ガリレオの苦悩 | トップページ | UFC137 »

2011年10月30日 (日)

パーシモンの飛距離

人気ブログランキングへ  

 

Nihon_4

東日本大震災の復興を応援しよう! 

 

 

テレビを見過ぎて、一億総白痴化。

なんて言われた時代があったような記憶がありますけど・・・

 
 

今日は面白い企画を見たのでご紹介します。

 

石川遼選手が、パーシモンのマクレガーターニー、スチールシャフトのドライバーで糸巻きボールを打ってました。

ボールはもちろん?マックスフライ。
1030

 

今の3Wと、ほぼ同じヘッドの大きさ、長さです。


石川選手、いきなりの試打で、真っ直ぐ飛んでました。shine

さすが、トッププロ。 

 
 

飛距離は250ヤード。

今のクラブと50ヤード弱の飛距離差。

ただし、糸巻きボールの使用期限は1年・・・らしい。

もう随分前に製造が終わったボールですから、何年か経った在庫でしょう。

新しいボールならもっと飛んでいたかと思われます。 

ついでに、ボールだけ今のものにしてくれたら、もっと面白かったかも。

 

 

これを見て思い出したのが・・・

数年前に、とあるブログで読んだ面白い記事。

プロの方が、練習場のボールをコースに持ち込んでで打ってみたら、どれほど違うのか。happy01

 

一緒に行った飛ばし屋プロ(平均300ヤード弱)の方が、使いふるし1ピースのボールで打ったティーショットは・・・

 
 

なんと、平均で220ヤード!

コースボールの俺と同じ? sweat02

 

これを飛んだと見るか、否そうではないと見るか。

 
 

数値だけで言うなら、30%前後の差が出たようです。
ヘッドスピードが低くなれば、その差も小さくなる傾向があります。


 

つまり、練習場の1ピースで打ったボールが180ヤードの方であれば、コースでは210-220ヤード前後の飛距離が出ると思われます。
練習場で200ヤードなら、コースでは240-250ヤードでしょうか。

自分の経験から言えば、丁度符合しているような気がします。

 

もしできるなら、糸巻きボールと今のクラブ、もしくは今のボールとパーシモンの組み合わせでラウンドする企画なんて、放送してもらえたら楽しそう。confident


 
 




今日のトレーニングgolf

腹筋200他

 

今月TOTAL 48Km 

 

 

東日本大震災の義援金情報はこちら

 

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ


 

 

      

|

« ガリレオの苦悩 | トップページ | UFC137 »

ゴルフ」カテゴリの記事