« マネジメント | トップページ | ジムノペディ »

2011年9月21日 (水)

腕と身体の同調

人気ブログランキングへ  

 

Nihon_4

東日本大震災の復興を応援しよう! 

 

昨日に続いて、ショットの安定性を考えてみました。 

ついでに練習で実践。

 

まず、アプローチから。
50度のウェッジで、20-70ヤードを1球ずつ距離を変えて打ちます。

練習場なら、10ヤード刻みがイメージ通りに打てます。

多少失敗をしても、大きなミスにはなりません。

スィングが小さく、両腕が身体に同調していることがわかります。

 

 

  happy02 sign01

 
 

ひょっとして・・・この力加減ならミスしないのでは!


 

ショートアイアンに持ち替えて実際に打ってみると、今までのフルショットと比べて同程度の飛距離です。

 

目標へ向けて低いフォローを取れれば、かなり安定したショットになります。

70ヤードのアプローチと同程度の力感で距離が同じになるとは・・・

 
 
 

うーむ。

今までは、何か根本的に間違っていたようです。

 

この打ち方だと、ミドルアイアンややUTで、70ヤード、100ヤードを打ち分けることもできました。


 

ドライバーのコントロールショットで100ヤード表示を直撃しました。

初めてだー confident


  

体重移動は最小限でも、身体全体の力と回転を使えるので、力まずに打てるようです。

 
 

練習の最中に、もう一度、振り回して打ったりもしました。typhoon

完璧に当たると1割程度の飛距離アップが見込めますが、ミート率が半分以下に。

 
 

その場でクリッと回転する身体同調型スィング。

雑誌やWEBで読んでも、今まではピンときませんでしたけど・・・

 

ようやく実感できたかもしれません。shine

 

こうして少しずつ、あきらめないで進んで行きたいですね。

続けていれば、必ず道は開けますです。
catface

いずれはこんな風に・・・

 
 

0921

 
 

 


 

今日のトレーニングgolf

腹筋200他

 

今月TOTAL 50Km 

 

 

東日本大震災の義援金情報はこちら

 

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ


 

 

      

|

« マネジメント | トップページ | ジムノペディ »

ゴルフ」カテゴリの記事