« なにがなんでもせっけん | トップページ | 草原からの使者 »

2011年1月30日 (日)

イノセントプロジェクト

 

人気ブログランキングへ

 

 

真面目な市民が安心して暮らせる街。 

そのために必要な法律遵守の精神は、尊いものだと思います。

 

中にはそれを意図的に、自分の利益だけを目的として破ってしまう人間がいるのも事実です。

それを抑止する力として存在する法の番人と言えば、検察、警察の方でしょう。

しかし、警察の捜査に様々な問題があることも、また事実です。


 
 
 

そうした犯罪捜査に関して、先日読んだ記事に面白いものがあったので、ご紹介します。

イノセントプロジェクト


 

中でも印象に残ったのは、以下の一文でした。

「DNA鑑定で242人を無罪にした過程で、105人の本当の犯人が捕まりました。だからこそ、17年にわたる我々の活動は、日増しに捜査側の協力を得られるようになりました。」

 

誤った目撃情報、人種差別、ずさんな捜査などなど・・・

冤罪の要因は一般の方が思うよりも多く、また実際に発生する件数も相当な数に上るようです。

取り締まる過程で発生する冤罪は、通常の犯罪被害者以上に気の毒な一面もあります。

 

 

目立たないですが、そうした事が無くなるように活動をしている方々には、本当に頭が下がります。

 

陰ながら応援したいと思います。

 
 

できれば、犯罪そのものが無くなるような日が来てほしいものです。confident

 
 

 

night 今日のトレーニング 予定

 
 

フロンロランジ30分等 6Km相当

 

今月TOTAL 136Km

 



 

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« なにがなんでもせっけん | トップページ | 草原からの使者 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事