« 通話料 無料の時代 | トップページ | 神々の山嶺 »

2010年12月 8日 (水)

経度への挑戦

 

人気ブログランキングへ

 

Keido  


 

経度への挑戦

デーヴァ・ソベル 著

 
 

担当者イチ押し の帯につられて読みました。

内容は、興味深く面白いものでした。

しかし、万人受けはしないでしょう。


 

経度を正確に把握するためにどのような歴史的事実があったのか、連綿と綴られています。 

舞台は17~19世紀のヨーロッパ。

 

簡単に言うと、時計の開発技術と、天体観測の技術が、経度をめぐってしのぎを削るというお話。

政治的な思惑も絡んで、なかなか読み応えがありました。


 
 

いつの時代も、周囲がついていけないほど新しい技術というのは、受け入れられるまでに時間がかかるようです。think


 
 

 
 


night 今日の練習


少し体が重い日でしたけど・・・

気合いだー wobbly

 

腹筋200、背筋50

ハーフスクワット 5分

フロントランジ 25分 

距離 6Km相当

 

今月TOTAL 36Km

 



 

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 通話料 無料の時代 | トップページ | 神々の山嶺 »

ランニング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事