« EXILIM その後 | トップページ | WBAヘビー級タイトルマッチ »

2010年11月28日 (日)

X-14Proの感想は

 

人気ブログランキングへ

 


晴れていても日中から雪が舞う札幌です。


 

おお寒・・・ snow

 
 

 

昨日、X-14Proが到着しました。shine

 

できるだけ綺麗にしたいので、今日は朝からフェイスの汚れ落とし。sweat01

こうして愛情をかけると応えてくれる・・・はず

 
 

もともと使っているX-16Proと見た目には似ていますが、よく見るとかなり差異があります。

X-16の方がソールはラウンド形状。
X-14は角ばってます。

キャビティの深さは X-14 < X-16。

でも、数値上での重心深度は X-14 > X-16。

ソールの厚さは僅かですが X-14 > X-16。

 
 

 

グリップはX-14が純正コード、バックラインあり。
X-16はDDMミッド、バックラインなし。

シャフトはX-14がコンスタントウェイトライフル110g、5Iの総重量416g。
X-16は島田K’sツアーライト105g、5Iの総重量420g。

 

グリップした感じは、使い慣れたX-16が良いです。

そりゃそうだ。


 

実際に打ってみると、X-14が楽です。

ミドルアイアンで顕著。


 

シャフトの差としか思えません。

スルーボア部分の肉厚をみると、意外にライフルは薄い・・・

しなりが感じられます。

 

それに対してK’sツアーライトはかなり硬い感じ。think

 

X-16はリシャフトしてるから、クラフトマンの腕も関係してそう。

 
 
 

打った感触をもとに、今日はリシャフトのオーダーと発送をしようかと。

 
 

今考えているのは、

 
 
 

X-14Proの5I-SW 8本 と、G10UT(23度)のシャフトをDGSL(R300)に。

 
 

その結果次第で残りのG10UT(18、21)や、他のウェッジをアイアンに合わせてリシャフトしようかと・・・

 
 

 

やっと平均が80台に入りつつあるような拙いゴルファーでも道具は大切。

というより、下手だからこそ道具に頼る部分は大きいと思います。

上達すると、ある程度は何でも使いこなせます。

 
 

自分なりに勉強して、工夫して、分かってきたのは・・・

新製品も良いですが、納得した道具を長く使うことが上達の近道であり、大切なことだと気づきました。

ようやく?

  
 

そうと分かってしまっても、いろいろ試すと楽しいですね。catface

 

好きなことを考えて、こうして悩んでいられるというのは、本当に至福の時です。confident

 

   
 
 
 

night 昨日の練習 

今日も頑張る!

・・・予定

 

腹筋200、背筋50

ハーフスクワット 5分

フロントランジ 25分 

距離 6Km相当

 

今月TOTAL 120Km

 



 

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。 golffoot

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« EXILIM その後 | トップページ | WBAヘビー級タイトルマッチ »

ゴルフ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事