« 完治までの道のり | トップページ | ランキング参加 »

2010年10月 9日 (土)

休養も大切

 

 

人気ブログランキングへ

 

昨日、怪我のことを書いた折に、昔の古傷について思い出しました。

スポーツをしていると怪我はつきものです。

 

どんなに気をつけていても、場合によっては歩いているだけでも転んで怪我をすることってありますよね。

家の中でもあります。 意外に多いのは、階段滑落だそうです・・・think

 

油断は禁物なんですね。

若い世代には、全くわからないかもしれませんが。catface

斯く言う自分も、30代の半ばまでは肩こりや腰痛、頭痛の類も無縁だったので、健康そのものに無頓着。

体調万全が当たり前で、自宅には胃腸薬や風邪薬さえ常備していませんでした。

今考えると、恵まれていたとしか思えません。coldsweats01

 

27才からおよそ10年ほどテニスをしました。

体力に見合わない練習量が祟って、右肘に痛みが出ましたが、テニスしたさに練習量を変えなかったため、完全にテニスエルボー。

肘の痛みをかばいながら打ち続けるうちに、肩も故障し、結局ラケットを持つのも厳しいくらいまで悪化。

そこでようやく諦めて休養。

週に4、5日から、月1回まで練習を減らしました。

動かないとストレスになるので、代わりにスキーをたっぷり楽しみました。confident

その後、1年近く経過してからテニススクールでリハビリをして、徐々に練習量を増やしました。

でも、肩と肘の痛みが無くならず、サーブは常にセカンドサーブのまま。

ゴルフをするようになって、テニスラケットを握らなくなり、3年ほど経過したある日、ちょっとだけテニスをする機会がありました。

そのときは、サーブを打っても痛みが無く、20代の頃に戻ったようなファーストサーブが!

右肘、右肩が完治していたんですね。

やっぱり、一度故障したら長期休養。 完治にはそれが一番だったようです。

でも、練習が楽しい時期に休むって、なかなか難しい。

忍耐が必要です。

 

ゴルフも既に6シーズンを数えますが、少し左肘に痛みが出始めてます。

そんなに練習して、その腕前??? ってことになりそうなので恥ずかしくて書けませんが、練習量だけは多かったので、その影響だと思います。

幸い、7月からジョグを始めたのでゴルフの練習量が減ってくれて、丁度良い休息になりました。

同じ轍を踏まずに、ジョグもゴルフも続けていけたらいいな、と思います。

 

いずれは、自分と同じような嗜好のゴルファー数人とコンペなんかできたら最高ですねぇ・・・ そうなったら、もう我が人生に悔いなし。

 

タバコは吸わず、マナーが一番大切というゴルファーのみなさん、いつか一緒にラウンド出来る日を楽しみにしてます。shine

 

night 昨日の練習

21:00時点 気温16° 晴
AdizeroTempo3
 
距離 6Km
時間 0:34:47

 
今月TOTAL 36Km

 

 

いつも応援いただき、ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

読んで頂いたご縁に・・・クリックを1つよろしくです golffoot


 

|

« 完治までの道のり | トップページ | ランキング参加 »

ゴルフ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完治までの道のり | トップページ | ランキング参加 »