« ミドリムシクッキー | トップページ | スウィングプレーンのイメージ »

2010年3月22日 (月)

慣れが大切

石川選手と池田選手が揃って挑戦したトランジションズチャンピオンシップは、残念ながら最終日を待たずに二人とも姿を消してしまいました。

 
 
それだけで、PGAツアーの厳しさがわかるというものです。
bearing
 
 

 

半月後のマスターズではタイガーが復帰しますから、日本選手の活躍と合わせて、楽しみですね。
happy01 
 
 
 
雪の季節が終わりつつある北海道では、ようやくゴルフシーズンが始まりつつあります。
 
 
練習も、やっと暖房なしで良い程度になりました。
confident
 

 
ここのところ、アイアンはX-16Proに戻してます。
 
冬の間、K's-4001 T120にリシャフトした元のアイアンで練習してみて、わかったことが・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   

 
 
 

 

 

 
 

 

自分の腕前だと、
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何を使っても
  
 
同じだ
 
coldsweats01
 
 
 
 
PINGのS57を一緒に持っていって打ち込んでみると、X-16Proのシャフトとはしなり方が違うことに気がつきます。
 

 
重さはほとんど同じですが、AWTの方がしなりが大きいようなイメージです。
 
 
  
しばらくK's-4001で練習を続けたので、こちらに慣れてしまったようです。
 
UTのカーボン(USTプロフォースV2)のタイミングと近いです。
 

 
アイアンとUTを交互に打つと、K's-4001の方が打ちやすい。 
 
 
 
でも、これは練習量が多いクラブに感覚が馴染んだ結果なんだろうな、と思います。
 
 
 
 
S57を使い始めた時も、「全く使えない」weep と思っているうちに、1ヶ月後には、なんとか打てるようになりました。
 
一つの道具を使い続けることが大切なんですねぇ。
confident 
 
 
  

アイアンか、UTか、もしくはドライバーか、自分なりの1本を見つけたら、それを基準にして他のクラブの
 
 
重心距離
 
シャフト特性
 
重量
 
 

などを揃えていくと、ベストなセッティングになりそうな気がします。
 

理屈ではわかっていても、なかなか実感できないことでしたが・・・、ようやく実感の伴なう時期が来たんでしょうか。
遅いなー、俺。
gawk
 
 
 
 

良くも悪くも、重たいクラブで練習を続けた昨秋からの半年。
手では振ることのできないスペックでした。
 
 
その成果を、来月からのラウンドで確認してみるとします。
楽しみですが、少々恐い・・・
coldsweats01

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

|

« ミドリムシクッキー | トップページ | スウィングプレーンのイメージ »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事