« 開眼? | トップページ | マイ ティーチャー »

2010年1月31日 (日)

最近の書籍から

今週末も、札幌は穏やかな天気に恵まれました。
 
温かいし、雪は降らないし、練習はできるし、サイコー!
happy02
 
右わきをしっかりと締めるアドレスが良い感じで再現できたので、そのまま気分よく、近くの本屋まで行ってきました。
confident
 
 
 

最近読んだ本を思い出しつつ、どれを買おうかと文庫コーナーをじっくり鑑賞。

 
アーサー王宮廷のヤンキー
 マーク・トウェイン
  ハックルベリーフィンの作者が贈るタイムトリップもの

 
闇の花道 
 浅田次郎
  大正時代を舞台とした怪盗が主人公らしい・・・
 
鯨の王
 藤崎慎吾
  表題のとおり、鯨が絡んだ海洋冒険SF
 
屍体
 ジョー・シュライバー
  ホラー小説
 
 
 

果たして、ブックオフへ行かずに蔵書となるのはどれでしょうか。
delicious

 
 
 

以前から気になっていた
 
信長の棺
 
を、先日読み終わりました。
3部作の第1部(上下巻)らしいので、これからどのように展開するのかが楽しみです。
第2部 秀吉の枷(上中下巻)は発売されていますが、全3部作が出そろったら買おうかと思います。
本能寺の変について、光秀の謀反根拠がわかりやすく述べてあるのは良いですね。
 
ですが、この作品だけでは何とも評価が難しいかと・・・
完結編で判断するべきなんだろうなあ。
think
とりあえず、売らないでおこう。
 
 
 

 
陰陽師 夜行杯の巻
言わずと知れた夢枕獏のシリーズもの。
マンガを読むかのごとく、軽い
 
今回も、合格点の一作でした。
 
 
 
 
 
NEXT
ジュラシックパークを書いたマイケルクライトンの遺作になったらしいです。
遺伝子ビジネスにまつわる様々な事件を、映像化が意識されたような展開とストーリーで一気に読ませてくれます。
面白かったけど、再読することは無いだろうからブックオフ行きだな。
 
 
 
今は、宮部みゆきの「孤宿の人」を読んでます。
時代小説としては、つっこみどころがたくさんあるような気もしますが、ストーリーや心理描写は流石という感じ。
はずれが少ない作家ですね。
 
 
 
 
ゴルフの練習と本に恵まれた、良い週末でした。
happy01
 
ほ・・・・
 
 

あとは・・・今日、フェデラーが勝ってくれれば最高だなー
confident
 
 

 
 

 
読んで頂いたご縁に・・・クリックを1つよろしくです golffoot

人気ブログランキングへ
 




 

 
 
 
 
 

 


 
 
 
 

 

|

« 開眼? | トップページ | マイ ティーチャー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事