« G10 ハイブリッド | トップページ | kawaii ? »

2009年8月16日 (日)

ダウンブロー

ゴルフを始めてから丸4年以上経って、ようやくダウンブローの意味が体感できかけているかもしれません。
 
 
 
昨年まで使っていたCallawayのX-16Proは、トップしても上がってくれるので、すくい打ちでも80台のスコアが出せました。
 
 
でも・・・PINGのS57は、そこまでやさしくありません。
 
 
 
だから・・・
 
 
 

はずかしながら、今年は春から地面を転がるアイアンショットが続きました。
 
 
UTで続けて池に入れるなんてこともありました。
 
 
本当に、ゴルフを始めたばかりの、1年目に戻ってしまったかのような醜態。
 
 
 
しばらくゴルフを休んでしまおうかな・・・と思ったこともありました。
 
 
 
それがですね、先週末あたりのラウンドから、変化がありました。 
 
 
練習の中でいろいろと試し、もがくうちに、極端なハンドファストで構えて打ってみたんですが・・・
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
あれ?
 
 
 
 
  

 
  
 
  
 
 
なんか、いい感じだけど?
 
 
 
  
 
 
 
 
  
 
 
 
 
間違いない。 何度打ってもいい感じですよ。
 
 
  
そうか、ひょっとして、これがハンドファストで構えて、ダウンブローに打つってこと?
 
 
 
 
そうみたいです。
 
 
 
今までと全く異なる、この感覚。
 
 
 
 
自分ではよくわかっていませんでしたが、極端なくらいハンドファストで構え、そのままテークバックすると、必然的に手元が先行してダウンブローで打ててしまった、というのが本当のところです。
 
かみさんに頼んで携帯で動画を撮ってもらうと、極端どころか、ちょうど良いくらいのハンドファストアドレスに見えます。
 
  
 
これが、立ち直りへ向けて、大きなきっかけになりました。
 
 
すくい打ちをクラブで助けてもらって、なんとなくハーフ30台が出たのを
 
 
 
 
 
 
 
「実力だ」catface
 
 
 
 
 
 
 
 
と思っていた私にとって、難しいクラブを使い、正しいスウィングで思った方向へ打ち出すことが、なんと困難だったことか。
 
S57程度の難易度でも、ある程度ダウンブローに打てないと、全く使い物になりません。
 
すくい打ちでは、右も左もトップもダフリも出ます。
 
 

おかげで丸々1年、迷路に迷い込んでしまいました。
 
  
 

 
しかし、それがあったから、正しい打ち方を学ぶ機会に恵まれた、とも言えます。
 
 

 
ダウンブローは、方向性も、距離も安定するんですね。
 
  
 
 
まだ、ハンドファストを意識しだして1週間ですが、まったく打てなかったUTも、地面を転がることが無くなりました。
 

それほどひどい打ち方をしていたんですね、自分・・・
 
 

 
すくい打ち 
 → どこへいくかわからない 
  → だからボールの行方を見るためにヘッドアップ 
   → よりひどいすくい打ち
 
 
 

こうして文字にすると、まさに、デススパイラル。
 
 
 

 
 
 
 
 
 

ここ1週間あまり、少々大げさですが、劇的に変化したという気がします。
shine 

 
 

それまでは、常に不安を抱えてのショットでしたけど、それもかなりの部分が解消されてます。
 
 
 
 

 
ドライバーは、まだまだ上手く打てませんけど、おかげで1年ぶりにハーフで40台前半のスコアが続きました。
 
 
 
ウェッジを使ったアプローチも、同じように打つことでバリエーションが増えました。
 
 
 
L字パターのアドレスもしっくりくるようになりました。
 

 
 
 

ゴルフが楽しくなってきました。
 
 
 
 
 
 
しばらくは、ハンドファスト、ダウンブローが癖になるまで、しっかり練習に励みます。
 
 
 
頑張ろうぜ、俺!
 
  

 

 
 
 

 
 

|

« G10 ハイブリッド | トップページ | kawaii ? »

スポーツ」カテゴリの記事