« nintendo Wii | トップページ | FXノート »

2009年4月 5日 (日)

PING S57 その後

毎週、10人から20人の方が

PING S57

というキーワードで、このサイトにたどりつくようです。


使い始めて8か月経ちましたので、今の印象を書いておきます。
参考までに、ごらんください。
 
 
 
では・・・
 
 

 
 
私の全ラウンド平均スコアは、90を少々超えてます。 
ベスト81。
ゴルフ歴は4年。


その点を考慮して読んでいただければと思います。
以下は、前のcallawayX-16Proと比べての印象ですので、ご注意を。
 
 
PING標準のシャフトAWT(S)は、私のヘッドスピード40m/s(量販店での計測だと、45m/sくらい)でも、しなりが感じられます。
以前のシャフトがProjectXだったこともあり、とてもやわらかく感じます。

重さは5Iで430グラムを超えており、重たいがために手打ちはできません。
そのため、リズムが多少ゆっくり目となり、打ち急ぎが激減しました。
同伴者も、その点がずいぶん変わったと言ってますので、間違いなさそうです。

実際に打つと、高い弾道になります。
ヘッド自体は小さく、むずかしそうに見えますが、高さは十分に得られます。
最初は恐怖心を抱きかねないほど、ヘッドが小さく感じられました。
最初の1週間は、練習場でもボロボロ・・・全然当たらず。
ですが、これは慣れが解決してくれました。 1ヵ月もすれば、まったく問題なかったです。

 

操作性が高いので、打ったとおりに左右へ曲がります。
道具による直進性の補完は期待しない方がいいです。
まあ、そんなことを考えるなら、こういうアイアンは買わないのでしょうね・・・


このアイアンを使うようになって、どこに当たったのか、どう飛ぶのか、弾道を見なくても、およその予想がつくようになりました。
それくらい、フィードバック情報が多いですが、芯は広くありません。
でも、トップしたと思うような当たりで、意外にボールが上がってるなあということが、ちょくちょくあります。
これは、最近のアイアンに共通した低重心、慣性モーメント増大の恩恵なんでしょうか。
芯を食うと、(めったにありませんが) あきらかに打感が良いです。 
他に良かった点としては、マット調(つやけし)なので、傷が目立ちません。
身長176、ライ角は、標準の黒です。


 
総合的に、満足度は高いです。
前のアイアンが65点なら、今は90点くらい。
フィッティングによる安心感は、絶大と言っていいでしょう。 

おかげで、クラブ欲しい病は、すっかり影を潜めてしまいました。
 
 
あとは腕ですね。
これがねぇ・・・
 
 
 
 
 
 
 

|

« nintendo Wii | トップページ | FXノート »

ゴルフ」カテゴリの記事